70歳! 人と社会の老いの作法

741円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

「戦後七十年というのは、新しい民主主義日本がオギャーと誕生してから七十年経ったということ。つまり、いまの日本は『七十歳』ということなんです」(五木寛之)日本という国が、これ以上、高成長をを続けるのは体力的に無理。これから先は「低成長・高成熟」の時代。では日本が進む先は、どういった道なのか。その行く先を確認する時期に入っている。若き日に敗戦を経験し、死を見つめてきた作家と、宗教学者にして、認知症高齢者のグループホームを運営する僧侶による、老いと死をめぐる対話。【おもな目次】<第1章 七十歳になった日本で>昭和十二年頃と似た雰囲気/現代人の肌感覚時間/祭祀儀礼が時間を延ばす/老年の古典と青春の古典は違う/健康法も年代によって違う/高齢者のための文化 ほか<第2章 死生観を持てるか>「死生観を持て」と迫られる時代/根本は語りの中にある/現代に「つながり」の場はあるか/様式の力/見えない世界を語る ほか<第3章 日本人の宗教観はどこから来たか>日本人にとっての「天国」/神道と仏教/夕焼け小焼けの生命観/死ねば仏/日本に根づく宗教とは/場の宗教性に優れた日本人 ほか<第4章 「他死社会」への心がまえ>嫌老感の正体/維摩経にみる賢老像/若者の貧困と新しい希望/「使用済み」という問題/「棄老」はタブーか/認知症は怖くない/お寺から始まる ほか

カゴに追加 741 円(税別)

「戦後七十年というのは、新しい民主主義日本がオギャーと誕生してから七十年経ったということ。つまり、いまの日本は『七十歳』ということなんです」(五木寛之)日本という国が、これ以上、高成長をを続けるのは体力的に無理。これから先は「低成長・高成熟」の時代。では日本が進む先は、どういった道なのか。その行く先を確認する時期に入っている。若き日に敗戦を経験し、死を見つめてきた作家と、宗教学者にして、認知症高齢者のグループホームを運営する僧侶による、老いと死をめぐる対話。【おもな目次】<第1章 七十歳になった日本で>昭和十二年頃と似た雰囲気/現代人の肌感覚時間/祭祀儀礼が時間を延ばす/老年の古典と青春の古典は違う/健康法も年代によって違う/高齢者のための文化 ほか<第2章 死生観を持てるか>「死生観を持て」と迫られる時代/根本は語りの中にある/現代に「つながり」の場はあるか/様式の力/見えない世界を語る ほか<第3章 日本人の宗教観はどこから来たか>日本人にとっての「天国」/神道と仏教/夕焼け小焼けの生命観/死ねば仏/日本に根づく宗教とは/場の宗教性に優れた日本人 ほか<第4章 「他死社会」への心がまえ>嫌老感の正体/維摩経にみる賢老像/若者の貧困と新しい希望/「使用済み」という問題/「棄老」はタブーか/認知症は怖くない/お寺から始まる ほか

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。