書籍の詳細

裁かれぬ悪を始末する、復讐の代理人・闇狩人(やみかりうど)。彼らの存在が都市伝説となった現代、闇狩人として悪を屠る一人の少女がいた……。罪人の断末魔で奏でる少女の血塗られた鎮魂歌(ストーリー)が、人の世の光と闇に迫る――!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

新闇狩人のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ほとんどくの一やんかっ(゚Д゚)!
    けっこう前に原典をレビューして、
    ポイントやセールの兼ね合いでやっときっかけの作品を購入(^_^;)。
    原典で散々惜しんでた雰囲気はかなり描き込まれ、
    一方で命や殺人の業の重さやキャラクター廻しの巧妙さはそのままにと世代を超えての醸成振り。
    原典との絡みも巧くまとめていて、ホントこの作品とパックにしてやっと溜飲を下げたという状態。
    良く出来た作品なんだが、
    まだ若干原作者の悪い趣味が露出してたり、
    主人公は元の身体能力が高いとは言え素人のハズ。
    稼業は達観してるわ無敵ッぷりだわ、お題目でした(-_-;)。
    (下手な忍術モノよりも読んでいけるぐらい)
    • 参考になった 3
    投稿日:2017年08月31日