ゆとり世代の若者たちがいま戦争について考えていること

999円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

日本は戦争にどう向き合うのか?ゆとり世代の若者たちがいま戦争について考えること20代の研究家ふたりの問答に耳を傾けてください。防衛大学校を卒業した戦略・安全保障研究家で20代半ばの若き俊英ふたりが問答形式で日本のあり方・行く末に対しての「戦争論」を展開します。・日本のグランド・ストラテジー(大戦略)・戦後70年の積み重ね・安全保障の本質・日米同盟の意味・太平洋戦争・中国のナショナリズム・中国の『民主化』・日本と中国の戦争・国際テロリズム・核兵器の拡散と管理・サイバー戦争のゆくえ・自衛隊の任務などについて、語りつくします。本書の目的は、日本の安全保障問題に興味を持ち、より深く、より幅広く考えるキッカケをつくることです。こんな時代だからこそ、『戦争と平和の議論』をしてみるのはいかがでしょうか。■目次・第1章 戦後70年と安全保障のあり方を考える・第2章 中国と日本の微妙な関係を考える・第3章 世界の複雑な「戦争問題」を考える・第4章 日本の戦争への向き合い方を考える■著者 杉井敦 星野了俊

カゴに追加 999 円(税別)

日本は戦争にどう向き合うのか?ゆとり世代の若者たちがいま戦争について考えること20代の研究家ふたりの問答に耳を傾けてください。防衛大学校を卒業した戦略・安全保障研究家で20代半ばの若き俊英ふたりが問答形式で日本のあり方・行く末に対しての「戦争論」を展開します。・日本のグランド・ストラテジー(大戦略)・戦後70年の積み重ね・安全保障の本質・日米同盟の意味・太平洋戦争・中国のナショナリズム・中国の『民主化』・日本と中国の戦争・国際テロリズム・核兵器の拡散と管理・サイバー戦争のゆくえ・自衛隊の任務などについて、語りつくします。本書の目的は、日本の安全保障問題に興味を持ち、より深く、より幅広く考えるキッカケをつくることです。こんな時代だからこそ、『戦争と平和の議論』をしてみるのはいかがでしょうか。■目次・第1章 戦後70年と安全保障のあり方を考える・第2章 中国と日本の微妙な関係を考える・第3章 世界の複雑な「戦争問題」を考える・第4章 日本の戦争への向き合い方を考える■著者 杉井敦 星野了俊

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。