中田浩二の「個の力」を賢く見抜く観戦術 - サッカーが11倍楽しくなる! -

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

“戦術バカ”では、試合は楽しめない!現在、テレビ『やべっちF.C.』の解説者としても活躍中のサッカー元日本代表の中田浩二。現役時代のプレースタイルと同じく、“賢い”サッカーの観方を初公開。90分間ずっとサッカーを面白く観るために、選手の「個の力」を見抜くシンプルな方法とは?現日本代表選手の真の「個の力」、1999年ワールドユース、2002年ワールドカップ日本代表の知られざるエピソード、鹿島アントラーズ時代に培われた“勝者のメンタリティー”などのテーマから語り尽くされるサッカー観戦術本の決定版。内田篤人選手推薦!「もっと浩二さんと一緒にプレーしたかった。そして、知的で奥深いサッカー観を学びたかった」【著者情報】中田浩二(なかた こうじ)サッカー解説者/鹿島アントラーズC.R.O1979年7月9日生まれ。滋賀県出身。元サッカー日本代表。左利き。帝京高校を卒業後、鹿島アントラーズへ加入。主にボランチ、センターバックとして活躍。在籍中にJリーグの年間チャンピオン5回、ヤマザキナビスコカップ4回、天皇杯2回など、数多くのタイトル獲得に貢献する。日本代表として、2002年ワールドカップ・日韓大会、2006年ワールドカップ・ドイツ大会に出場。2004年には欧州移籍を果たし、マルセイユ(フランス)、バーゼル(スイス)でプレー。2014年シーズン限りで現役を引退。Jリーグ出場266試合33得点、国際Aマッチ出場57試合2得点。2015年より鹿島アントラーズのC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)に就任。スポンサー、パートナー、サポーター、行政機関などのステークホルダー(利害関係者)とクラブをつなぐ役割を担う。また、サッカー解説者としても『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、プレー同様冷静でわかりやすい解説が人気。本書が初著書になる。

カゴに追加 700 円(税別)

“戦術バカ”では、試合は楽しめない!現在、テレビ『やべっちF.C.』の解説者としても活躍中のサッカー元日本代表の中田浩二。現役時代のプレースタイルと同じく、“賢い”サッカーの観方を初公開。90分間ずっとサッカーを面白く観るために、選手の「個の力」を見抜くシンプルな方法とは?現日本代表選手の真の「個の力」、1999年ワールドユース、2002年ワールドカップ日本代表の知られざるエピソード、鹿島アントラーズ時代に培われた“勝者のメンタリティー”などのテーマから語り尽くされるサッカー観戦術本の決定版。内田篤人選手推薦!「もっと浩二さんと一緒にプレーしたかった。そして、知的で奥深いサッカー観を学びたかった」【著者情報】中田浩二(なかた こうじ)サッカー解説者/鹿島アントラーズC.R.O1979年7月9日生まれ。滋賀県出身。元サッカー日本代表。左利き。帝京高校を卒業後、鹿島アントラーズへ加入。主にボランチ、センターバックとして活躍。在籍中にJリーグの年間チャンピオン5回、ヤマザキナビスコカップ4回、天皇杯2回など、数多くのタイトル獲得に貢献する。日本代表として、2002年ワールドカップ・日韓大会、2006年ワールドカップ・ドイツ大会に出場。2004年には欧州移籍を果たし、マルセイユ(フランス)、バーゼル(スイス)でプレー。2014年シーズン限りで現役を引退。Jリーグ出場266試合33得点、国際Aマッチ出場57試合2得点。2015年より鹿島アントラーズのC.R.O(クラブ・リレーションズ・オフィサー)に就任。スポンサー、パートナー、サポーター、行政機関などのステークホルダー(利害関係者)とクラブをつなぐ役割を担う。また、サッカー解説者としても『やべっちF.C.』(テレビ朝日系)にレギュラー出演するなど、プレー同様冷静でわかりやすい解説が人気。本書が初著書になる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。