【心臓画像診断の最前線】 3D心エコーの更なる進歩:Structural Heart Disease治療への応用

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 1990年代、CT、MRIは動きの大きい心臓をうまく捉えることができず、画像診断機器として一般臨床に用いられることが難しい中、心エコーは間違いなく循環器画像診断の中心だった。しかし、それから20年以上が経過し、CTは劇的な多列化、低被ばく化、MRIは遅延造影、T1mappingによる心筋性状評価など、心エコーをさまざまな面で追いつき追い越していっている。そんな中、Structural Heart Disease(SHD)治療の進歩とともに改めて存在感を示している心エコーが、3D心エコー特に3D経食道心エコーである。本稿では、SHD治療における3 D経食道心エコーの現状および展望について概説したい。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 1990年代、CT、MRIは動きの大きい心臓をうまく捉えることができず、画像診断機器として一般臨床に用いられることが難しい中、心エコーは間違いなく循環器画像診断の中心だった。しかし、それから20年以上が経過し、CTは劇的な多列化、低被ばく化、MRIは遅延造影、T1mappingによる心筋性状評価など、心エコーをさまざまな面で追いつき追い越していっている。そんな中、Structural Heart Disease(SHD)治療の進歩とともに改めて存在感を示している心エコーが、3D心エコー特に3D経食道心エコーである。本稿では、SHD治療における3 D経食道心エコーの現状および展望について概説したい。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。