【心臓画像診断の最前線】 心筋SPECT “Heart Risk View”の臨床活用

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 心臓核医学検査は、虚血性心疾患の診断および予後評価において豊富なエビデンスを有し、わが国においても広く臨床の現場で用いられている。一方で、心筋SPECTは読影に一定の経験が必要であり、最近は心臓核医学と同様に低侵襲である冠動脈CTの実施件数が増加している。心筋SPECTは心臓機能の評価法であり、形態診断である冠動脈CTとは一線を画するが、虚血性心疾患の診断において、読影の補助となる診断ツールは有用であり、加えて心機能解析や予後評価など種々のソフトウェアが開発されてきた。その中で、“Heart Risk View”とは、西村、中嶋らにより考案、監修され、日本メジフィジックス社により作成されたソフトウェアであり、心筋SPECTから3年以内の心事故発生確率を算出するツールとして開発された。現在は、診断精度向上のための改変や、心筋SPECTの補助読影ソフトである“Heart Score View、さらには心機能解析ソフトである“Heart Function View”などとの統合もなされ、現在も進化発展を遂げている。本稿では“Heart Risk View”における開発の経緯、臨床活用法について詳述する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 心臓核医学検査は、虚血性心疾患の診断および予後評価において豊富なエビデンスを有し、わが国においても広く臨床の現場で用いられている。一方で、心筋SPECTは読影に一定の経験が必要であり、最近は心臓核医学と同様に低侵襲である冠動脈CTの実施件数が増加している。心筋SPECTは心臓機能の評価法であり、形態診断である冠動脈CTとは一線を画するが、虚血性心疾患の診断において、読影の補助となる診断ツールは有用であり、加えて心機能解析や予後評価など種々のソフトウェアが開発されてきた。その中で、“Heart Risk View”とは、西村、中嶋らにより考案、監修され、日本メジフィジックス社により作成されたソフトウェアであり、心筋SPECTから3年以内の心事故発生確率を算出するツールとして開発された。現在は、診断精度向上のための改変や、心筋SPECTの補助読影ソフトである“Heart Score View、さらには心機能解析ソフトである“Heart Function View”などとの統合もなされ、現在も進化発展を遂げている。本稿では“Heart Risk View”における開発の経緯、臨床活用法について詳述する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。