【心臓画像診断の最前線】 心臓CTの必要造影剤量を決める

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 心臓CTの造影剤量をコントロールする試みは初期のマルチスライスCTの時代から行われてきた。当時は造影剤量が多いのが心臓CTの欠点であった。心カテを行う方がその面で侵襲が少ないと考えられてきた時期もあった。必要最低限の量で造影することができれば、腎障害のある患者にも適応が拡大する。しかし、この時代では撮影にかかる時間が長すぎて、その時間を加味するためコントロールが困難であった。このためか、心臓CTで造影剤をコントロールする報告はきわめて少ない。心臓はダイナミックイメージであるため、そのタイミングが難しい。また、さまざまな血行動態の場合があるので、また複雑なように思える。現在は、少量造影剤の報告も出てきているが、撮影時間が短くなってきたことによるチャンピオンデータで理屈が伴っていない。本稿では、造影剤の到達の謎とそれを解決する考え方について記述する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 心臓CTの造影剤量をコントロールする試みは初期のマルチスライスCTの時代から行われてきた。当時は造影剤量が多いのが心臓CTの欠点であった。心カテを行う方がその面で侵襲が少ないと考えられてきた時期もあった。必要最低限の量で造影することができれば、腎障害のある患者にも適応が拡大する。しかし、この時代では撮影にかかる時間が長すぎて、その時間を加味するためコントロールが困難であった。このためか、心臓CTで造影剤をコントロールする報告はきわめて少ない。心臓はダイナミックイメージであるため、そのタイミングが難しい。また、さまざまな血行動態の場合があるので、また複雑なように思える。現在は、少量造影剤の報告も出てきているが、撮影時間が短くなってきたことによるチャンピオンデータで理屈が伴っていない。本稿では、造影剤の到達の謎とそれを解決する考え方について記述する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。