めざせ達人シリーズ<X線撮影編> 一般撮影技術を見直そう! 〈下肢No.19〉 1. 立位による距骨下関節 荷重正面撮影 その1(frontal view weight-bearing PA projection of subtalar joint)

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 足部(足関節を含む)の疾患やさまざまな障害に距踵関節(以下,距骨下関節)が関与することが多く,その診断や治療にはX線検査が不可欠となってきた。その距骨下関節をX線撮影する診療放射線技師(以下,撮影技師)は,距骨下関節のX線解剖と機能解剖を理解する必要がある。 下腿と足部の後足部アライメント(legheel alignment)では,自然立位した下肢を後方から観察し,脛骨軸と踵骨軸を決めて計測する。この計測では,脛骨軸と踵骨軸が直線状になる正常アライメントに対し,踵骨軸が回旋しアライメントが崩れる内反足と外反足がある。踵骨軸が回旋する後足部アライメント異常は,多くの足疾患を引き起こす。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 足部(足関節を含む)の疾患やさまざまな障害に距踵関節(以下,距骨下関節)が関与することが多く,その診断や治療にはX線検査が不可欠となってきた。その距骨下関節をX線撮影する診療放射線技師(以下,撮影技師)は,距骨下関節のX線解剖と機能解剖を理解する必要がある。 下腿と足部の後足部アライメント(legheel alignment)では,自然立位した下肢を後方から観察し,脛骨軸と踵骨軸を決めて計測する。この計測では,脛骨軸と踵骨軸が直線状になる正常アライメントに対し,踵骨軸が回旋しアライメントが崩れる内反足と外反足がある。踵骨軸が回旋する後足部アライメント異常は,多くの足疾患を引き起こす。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。