【Women’s Imaging 2016 Breast Imaging Vol.11 さらなる精度向上に向けた乳がん画像診断の最新動向】 総論 2. 国内外の診療ガイドライン ─ BI-RADS の概要と日本語版について

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳がん画像診断のガイドラインとして,世界的には米国放射線学会(ACR)が作成した“Breast Imaging Reporting and Data System(以下,BI-RADS)”が普及している。一方,日本ではマンモグラフィ・超音波共に独自のガイドラインが普及している。乳房MRIにおいては,日本乳癌検診学会から「乳がん発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドライン」が作成され適応,撮像法について記載されているが,読影に関してはBI-RADS を採用することとされている。そのため,読影の際にBI-RADSを使用する施設はあるものの,放射線科,乳腺外科共に普及しているとは言い難い。先般BI-RADS第5版の日本語版(電子書籍)が発刊されたこともあり,本稿では日本のガイドラインと欧米のガイドライン(主にBI-RADS)との違いや問題点,今後の展望について解説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】乳がん画像診断のガイドラインとして,世界的には米国放射線学会(ACR)が作成した“Breast Imaging Reporting and Data System(以下,BI-RADS)”が普及している。一方,日本ではマンモグラフィ・超音波共に独自のガイドラインが普及している。乳房MRIにおいては,日本乳癌検診学会から「乳がん発症ハイリスクグループに対する乳房MRIスクリーニングに関するガイドライン」が作成され適応,撮像法について記載されているが,読影に関してはBI-RADS を採用することとされている。そのため,読影の際にBI-RADSを使用する施設はあるものの,放射線科,乳腺外科共に普及しているとは言い難い。先般BI-RADS第5版の日本語版(電子書籍)が発刊されたこともあり,本稿では日本のガイドラインと欧米のガイドライン(主にBI-RADS)との違いや問題点,今後の展望について解説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。