症例 授乳期に診断された基質産生癌(matrix-producing carcinoma)の1例

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】基質産生癌(matrix-producing carcinoma:MPC)は比較的まれな疾患である.今回,授乳期のMPCを経験したので報告する.症例は30歳代前半の女性,妊娠9カ月頃より左乳房AC領域に腫瘤を自覚していた.産後1カ月検診の診察時に超音波検査で腫瘤を認めたため,精査加療目的に当院紹介となった.超音波検査:左AC領域に16mm×19mmの境界一部不明瞭な低エコー腫瘤を認めた(カテゴリー3b).細胞診を施行し,悪性であったため後日CNBを施行した.組織診断は浸潤癌,estrogen receptor陰性/progesterone receptor陰性/ HER2陰性であった.術前精査の結果,他臓器や腋窩リンパ節には転移はなく,T2N0M0Stage IIAと診断し,左乳房温存術,SLNB(陰性)を施行した.Triple negative breast cancer(TNBC)であることを考慮し,術後補助化学療法を施行した.術後17カ月無再発生存中である. 授乳期乳癌には特徴的な組織型はないとされるが,TNBCが多いといわれている.これまで授乳期におけるMPCの報告はなく,授乳期に診断されたきわめてまれなMPCの1例を報告する.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】基質産生癌(matrix-producing carcinoma:MPC)は比較的まれな疾患である.今回,授乳期のMPCを経験したので報告する.症例は30歳代前半の女性,妊娠9カ月頃より左乳房AC領域に腫瘤を自覚していた.産後1カ月検診の診察時に超音波検査で腫瘤を認めたため,精査加療目的に当院紹介となった.超音波検査:左AC領域に16mm×19mmの境界一部不明瞭な低エコー腫瘤を認めた(カテゴリー3b).細胞診を施行し,悪性であったため後日CNBを施行した.組織診断は浸潤癌,estrogen receptor陰性/progesterone receptor陰性/ HER2陰性であった.術前精査の結果,他臓器や腋窩リンパ節には転移はなく,T2N0M0Stage IIAと診断し,左乳房温存術,SLNB(陰性)を施行した.Triple negative breast cancer(TNBC)であることを考慮し,術後補助化学療法を施行した.術後17カ月無再発生存中である. 授乳期乳癌には特徴的な組織型はないとされるが,TNBCが多いといわれている.これまで授乳期におけるMPCの報告はなく,授乳期に診断されたきわめてまれなMPCの1例を報告する.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。