症例 男性乳腺血管腫の1例

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例は65歳男性.左乳房腫瘤を自覚して当院を受診した.左乳房A領域の乳頭直下に可動性のある10mmの腫瘤を触知した.乳腺エコーでは左A領域乳頭直下に12mmの扁平状腫瘤を認めた.針生検を施行して乳腺血管腫,海綿状血管腫型(cavernous hemangioma type)の診断となった.Magnetic Resonance Imaging(MRI)において,単純T1強調像では左乳腺腫瘤は低信号,脂肪抑制T2強調像では高信号を示した.造影ダイナミックMRIでは辺縁部結節性濃染(peripheral nodular enhancement)に続いて継時的に中心部へfi ll-in enhancementを認め,乳腺血管腫に矛盾しない所見であった.経過観察中の半年後の乳腺エコーで,腫瘍は最大径22mmまで増大したことから腫瘍摘出術を施行した.手術検体の病理組織学的診断では術前の針生検標本と同様に乳腺血管腫であった.乳腺血管腫において臨床上問題となる点は血管肉腫との鑑別である.MRIで血管腫に特徴的な造影ダイナミック像を呈する場合は両者の鑑別の一助になる可能性がある.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】症例は65歳男性.左乳房腫瘤を自覚して当院を受診した.左乳房A領域の乳頭直下に可動性のある10mmの腫瘤を触知した.乳腺エコーでは左A領域乳頭直下に12mmの扁平状腫瘤を認めた.針生検を施行して乳腺血管腫,海綿状血管腫型(cavernous hemangioma type)の診断となった.Magnetic Resonance Imaging(MRI)において,単純T1強調像では左乳腺腫瘤は低信号,脂肪抑制T2強調像では高信号を示した.造影ダイナミックMRIでは辺縁部結節性濃染(peripheral nodular enhancement)に続いて継時的に中心部へfi ll-in enhancementを認め,乳腺血管腫に矛盾しない所見であった.経過観察中の半年後の乳腺エコーで,腫瘍は最大径22mmまで増大したことから腫瘍摘出術を施行した.手術検体の病理組織学的診断では術前の針生検標本と同様に乳腺血管腫であった.乳腺血管腫において臨床上問題となる点は血管肉腫との鑑別である.MRIで血管腫に特徴的な造影ダイナミック像を呈する場合は両者の鑑別の一助になる可能性がある.

レビューはありません レビューを書く

書籍一覧8冊の書籍

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。