【新しい分子・光イメージング技術の開発と乳癌診断領域への応用】 光超音波技術の乳癌診断への応用

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 温故知新という言葉があるが,古くからある原理を最新技術に適用することで新たな応用製品が実現する例は数多くある.われわれはX線よりも以前に見いだされた光超音波技術を乳癌診断の分野において実用化すべく検討を重ねている.本稿ではその原理と初期段階の結果を報告する. 光超音波の理論的基盤となる光音響現象は,Rayleigh卿による音響理論の発表から3年後の1880年,電話の発明で有名なAlexander Graham Bellによって発見された.実に,RöntgenによってX線が発見される15年前のことである.翌年,Bellは spectrophoneと名付けたデバイスを用いて,光の放射エネルギーから熱膨張を介し,聴診器で検出できる音が生みだされることを示した.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 温故知新という言葉があるが,古くからある原理を最新技術に適用することで新たな応用製品が実現する例は数多くある.われわれはX線よりも以前に見いだされた光超音波技術を乳癌診断の分野において実用化すべく検討を重ねている.本稿ではその原理と初期段階の結果を報告する. 光超音波の理論的基盤となる光音響現象は,Rayleigh卿による音響理論の発表から3年後の1880年,電話の発明で有名なAlexander Graham Bellによって発見された.実に,RöntgenによってX線が発見される15年前のことである.翌年,Bellは spectrophoneと名付けたデバイスを用いて,光の放射エネルギーから熱膨張を介し,聴診器で検出できる音が生みだされることを示した.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧8冊の書籍

1~8件/8件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。