総説 SGLT2阻害薬 their potential beyond glucose-lowering

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Na共役型グルコース輸送体(SGLT)2阻害薬の作用機序、特徴、使用法とその注意点について、最近の知見も含めて紹介した。作用機序として、SGLT2阻害薬は近位曲尿細管のSGLT2を選択的に阻害し、尿糖排泄を増加させ、グルコース再吸収を抑制することで血糖降下作用を発揮する。インスリン分泌を介さず、SGLT1による代償機構が働くため、単剤では低血糖をきたしにくいと考えられた。SGLT2阻害薬の効果については、血糖降下作用、体重減少、心血管イベントなどについて、canagliflozin、luseogliflozin、empaglioflozinの試験結果を基に紹介した。また、SGLT2阻害薬それぞれの用法・用量とともに、注意点として、インスリン分泌促進薬との併用時における低血糖リスクや脱水、サルコペニアについて述べた。SGLT2阻害薬の適応としては、比較的若年の肥満2型糖尿病患者が適しており、食後血糖だけでなく空腹時血糖高値のコントロール不良の症例に特に適しているとした。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Na共役型グルコース輸送体(SGLT)2阻害薬の作用機序、特徴、使用法とその注意点について、最近の知見も含めて紹介した。作用機序として、SGLT2阻害薬は近位曲尿細管のSGLT2を選択的に阻害し、尿糖排泄を増加させ、グルコース再吸収を抑制することで血糖降下作用を発揮する。インスリン分泌を介さず、SGLT1による代償機構が働くため、単剤では低血糖をきたしにくいと考えられた。SGLT2阻害薬の効果については、血糖降下作用、体重減少、心血管イベントなどについて、canagliflozin、luseogliflozin、empaglioflozinの試験結果を基に紹介した。また、SGLT2阻害薬それぞれの用法・用量とともに、注意点として、インスリン分泌促進薬との併用時における低血糖リスクや脱水、サルコペニアについて述べた。SGLT2阻害薬の適応としては、比較的若年の肥満2型糖尿病患者が適しており、食後血糖だけでなく空腹時血糖高値のコントロール不良の症例に特に適しているとした。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧10冊の書籍

1~10件/10件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。