専門医に求められる最新の知識 脳血管障害 脳動脈瘤の基礎研究の現状

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】くも膜下出血は働き盛りを襲う重要な疾患である。ヒトの観察研究や病理検体の検討のみでは脳動脈瘤の破裂機構の検討には限界があり、動物モデルが考案されて発生・増大・破裂の検討が行われてきた。高血圧負荷と血流偏向手術によるラット脳動脈瘤モデルが報告され、発生・増大に関しての研究が行われた。発生・増大に早期から働く因子はNFκBで、内皮にかかるflow related stressにより転写因子として産生され、下流分子の誘導にかかわる。代表的なものはIL-1β、MCP-1であり、炎症応答により中膜平滑筋のアポトーシスを惹起すること、白血球遊走を誘導すること等により、動脈瘤の発生・増大にかかわっている。さらに最近、マウス破裂脳動脈瘤モデルが報告され、TNF-α等が脳動脈瘤の増大・破裂に関与していることがわかった。スタチン、アスピリンなどの薬剤による脳動脈瘤増大・破裂抑制の試みは続いており、現在、アメリカで閉経女性へのエストロゲン補充療法の治験が行われているところである。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】くも膜下出血は働き盛りを襲う重要な疾患である。ヒトの観察研究や病理検体の検討のみでは脳動脈瘤の破裂機構の検討には限界があり、動物モデルが考案されて発生・増大・破裂の検討が行われてきた。高血圧負荷と血流偏向手術によるラット脳動脈瘤モデルが報告され、発生・増大に関しての研究が行われた。発生・増大に早期から働く因子はNFκBで、内皮にかかるflow related stressにより転写因子として産生され、下流分子の誘導にかかわる。代表的なものはIL-1β、MCP-1であり、炎症応答により中膜平滑筋のアポトーシスを惹起すること、白血球遊走を誘導すること等により、動脈瘤の発生・増大にかかわっている。さらに最近、マウス破裂脳動脈瘤モデルが報告され、TNF-α等が脳動脈瘤の増大・破裂に関与していることがわかった。スタチン、アスピリンなどの薬剤による脳動脈瘤増大・破裂抑制の試みは続いており、現在、アメリカで閉経女性へのエストロゲン補充療法の治験が行われているところである。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧12冊の書籍

1~12件/12件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。