日本運動器看護学会「学会認定運動器看護師」2期と学ぶ 患者支援step up講座(第8回) 人工股関節全置換術の患者さん 術後リハビリ期から退院準備の時期の患者さん

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 術後のリハビリテーション(以下、リハビリ)は、疼痛や関節可動域および筋力の改善を促し、また、術後の経過に合わせて、日常生活の改善を図って行われます。 術後早期は創部痛、起立性低血圧、感染などの合併症、転倒の可能性が強いため、十分な管理が必要となり、多職種と密に連携をとりながらリハビリを進めていく必要があります。これらの問題が起こらないように注意しながら、早期からリハビリを行うことによって、深部静脈血栓症や二次的な筋力の低下、関節可動域制限を防ぐことができ、早期の回復・退院・社会復帰を可能にします。 私たち看護師の役割は日常生活動作(以下、ADL)の自立支援であり、リハビリ計画の内容・範囲を把握し、リハビリの内容が日常生活の場面のなかに生かされるように援助していくことが重要です。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに 術後のリハビリテーション(以下、リハビリ)は、疼痛や関節可動域および筋力の改善を促し、また、術後の経過に合わせて、日常生活の改善を図って行われます。 術後早期は創部痛、起立性低血圧、感染などの合併症、転倒の可能性が強いため、十分な管理が必要となり、多職種と密に連携をとりながらリハビリを進めていく必要があります。これらの問題が起こらないように注意しながら、早期からリハビリを行うことによって、深部静脈血栓症や二次的な筋力の低下、関節可動域制限を防ぐことができ、早期の回復・退院・社会復帰を可能にします。 私たち看護師の役割は日常生活動作(以下、ADL)の自立支援であり、リハビリ計画の内容・範囲を把握し、リハビリの内容が日常生活の場面のなかに生かされるように援助していくことが重要です。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。