【場面ごとにケアの要点がわかる!糖尿病網膜症患者さんの受診から手術後まで】 診断

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】糖尿病網膜症とは 糖尿病は全身の血管障害をひき起こしますが、糖尿病網膜症もその一つです。高血糖が持続すると、網膜の毛細血管壁が障害されます。血管内皮細胞同士の結合が緩むと、血液成分が血管外に漏出するようになります。赤血球などの血球成分が漏出すると網膜内の出血が、水分や脂質などの血漿成分が漏出すると網膜の浮腫や硬性白斑が形成されます。 病状が進行してくると、網膜の毛細血管が閉塞して、軟性白斑が出現してきます。閉塞する毛細血管が増えると、網膜が虚血に陥り、網膜から血管内皮増殖因子)vascularendothelial growth factor;VEGF)などのさまざまな血管新生促進因子が産生されるため、網膜面上に新生血管が出現します。新生血管は脆弱な血管壁を持つため、容易に破綻して硝子体内への出血を起こします。また、血管新生促進因子と血液成分を硝子体中に漏出させるため、硝子体の中で細胞の増殖や膠原線維の増生が促進され、増殖膜が形成されていきます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】糖尿病網膜症とは 糖尿病は全身の血管障害をひき起こしますが、糖尿病網膜症もその一つです。高血糖が持続すると、網膜の毛細血管壁が障害されます。血管内皮細胞同士の結合が緩むと、血液成分が血管外に漏出するようになります。赤血球などの血球成分が漏出すると網膜内の出血が、水分や脂質などの血漿成分が漏出すると網膜の浮腫や硬性白斑が形成されます。 病状が進行してくると、網膜の毛細血管が閉塞して、軟性白斑が出現してきます。閉塞する毛細血管が増えると、網膜が虚血に陥り、網膜から血管内皮増殖因子)vascularendothelial growth factor;VEGF)などのさまざまな血管新生促進因子が産生されるため、網膜面上に新生血管が出現します。新生血管は脆弱な血管壁を持つため、容易に破綻して硝子体内への出血を起こします。また、血管新生促進因子と血液成分を硝子体中に漏出させるため、硝子体の中で細胞の増殖や膠原線維の増生が促進され、増殖膜が形成されていきます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧20冊の書籍

1~20件/20件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。