【科学的根拠(エビデンス)を知れば自信を持ってケアできる!とことん知りたい母乳育児支援Q&A】 母乳育児の効果

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Q1 「早産の赤ちゃんにとって、どうして母乳が特に大切なのでしょうか」と聞かれたら、こう説明しよう! A1 赤ちゃんにとって母乳が適切な栄養だということはよく知られていますが、特に早産の赤ちゃんにとって母乳はとても重要で最適な栄養です。 早産の赤ちゃんは、子宮の外で生活できるように栄養を蓄積する妊娠後期を前にして、臍帯からの栄養が絶たれた状態にあります。そこで、早産の赤ちゃんの栄養の目標は、子宮内の胎児の発育の状態に近づけることです。そのためには、経静脈栄養だけではなく、早期に腸を利用した栄養が確立されることが大切です。早産の赤ちゃんは、出生後早期に直接母の乳房から母乳を飲むことが難しい場合が多いですが、そのときにも早い時期に経管栄養を開始します。早産児においての研究で、人工乳に比べて母乳栄養では消化吸収が早く、腸管の成熟を促進させる効果があるため、授乳量をより早く増やすことができることが知られています。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】Q1 「早産の赤ちゃんにとって、どうして母乳が特に大切なのでしょうか」と聞かれたら、こう説明しよう! A1 赤ちゃんにとって母乳が適切な栄養だということはよく知られていますが、特に早産の赤ちゃんにとって母乳はとても重要で最適な栄養です。 早産の赤ちゃんは、子宮の外で生活できるように栄養を蓄積する妊娠後期を前にして、臍帯からの栄養が絶たれた状態にあります。そこで、早産の赤ちゃんの栄養の目標は、子宮内の胎児の発育の状態に近づけることです。そのためには、経静脈栄養だけではなく、早期に腸を利用した栄養が確立されることが大切です。早産の赤ちゃんは、出生後早期に直接母の乳房から母乳を飲むことが難しい場合が多いですが、そのときにも早い時期に経管栄養を開始します。早産児においての研究で、人工乳に比べて母乳栄養では消化吸収が早く、腸管の成熟を促進させる効果があるため、授乳量をより早く増やすことができることが知られています。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。