書籍の詳細

なぜホッケは高くて小さくなったのか?居酒屋で出てくるホッケ、最近はは小さいと思いませんか。小さいどころか、ホッケを置いていない店も増えています。ホッケの漁獲量は、なんと最盛期の9割減。大きな魚を獲り尽くして、いまは成長しきっていない小さいホッケまで獲っている状態なのです。ホッケだけではありません。サバは7割減、クロマグロやウナギはすでに絶滅危惧種です。輸入魚も、世界的和食ブームの影響で、価格が上がっています。このままでは本当に、魚はめったに食べられなくなってしまいます。日本は世界第6位の広大な排他的経済水域をもつ漁業大国だったはずなのに、なぜこうなってしまったのでしょうか。中国漁船の乱獲? クジラが食べ尽くした? 地球温暖化の影響? いいえ、そうではありません。日本の漁業が抱えている大問題を気鋭の水産学者が解き明かし、日本人がこれからも美味しい魚を食べ続けるにはどうしたらいいかをわかりやすく解説します。

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

魚が食べられなくなる日(小学館新書)のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • なぜ最近のホッケは小さくなったのか?
    周囲を海で囲まれた日本は、1970年代まで漁業大国として世界に君臨していた。それが今では、漁業を成長産業とするノルウェー、ニュージーランド、アイスランドなどに大きく水をあけられた斜陽産業になってしまった。高齢化・後継者不足もあり漁業自体が衰退の一途に。頼みの綱の輸入魚も世界的な価格の高騰で日本は買い負けている。獲れない、買えないで、このままでは魚は高嶺の花になってしまう。なぜこうなったのか。本書では、その原因を探りながら、現在の漁業先進国での現地取材などを踏まえた上で、日本漁業を復活させるための具体的方策を含む提言を行っている。
    書籍ダイジェストサービス「SERENDIP」詳細はこちら
    投稿日:2016年10月14日