フランダースの犬、ニュルンベルクのストーブ

300円 (税別)

獲得ポイント 3pt (1%還元)

今回、ここには、『フランダースの犬』とあわせて、『ニュルンベルクのストーブ』を翻訳した。ドイツの南東の都市ニュルンベルクの名陶工ヒルシュフォーゲルが作ったストーブの話である。これはオーストリアのチロル地方の、貧しい家の居間に置かれていたストーブなのだが、それを借金の返済に充てるために父親が酒を振舞われて、酔って安く手放すことになる。ヒルシュフォーゲルと呼ばれるストーブを愛するアウグスト少年は、ドイツのババリア地方にまで売られて運ばれて行くそのストーブの中に隠れ、「ノイシュバンシュタイン城」と目される城に到着する。王様に発見され、ヒルシュフォーゲルに捧げる少年の愛に感動した王様に受け入れられ、アウグストは美術学校で絵の勉強をさせてもらえる機会を得ることになって、ハッピーエンドで話は終わる。この作品は、『フランダースの犬』と共に読むと補完作用があって、最もその力を発揮する。『フランダースの犬』で鬱積した読者の気持ちが、「アウグスト」と名前を変えて、「ネロ少年」の果たしえなかった夢が実現されることによって癒され、『フランダースの犬』の内容も快く受け入れられることになるのである。

カゴに追加 300 円(税別)

今回、ここには、『フランダースの犬』とあわせて、『ニュルンベルクのストーブ』を翻訳した。ドイツの南東の都市ニュルンベルクの名陶工ヒルシュフォーゲルが作ったストーブの話である。これはオーストリアのチロル地方の、貧しい家の居間に置かれていたストーブなのだが、それを借金の返済に充てるために父親が酒を振舞われて、酔って安く手放すことになる。ヒルシュフォーゲルと呼ばれるストーブを愛するアウグスト少年は、ドイツのババリア地方にまで売られて運ばれて行くそのストーブの中に隠れ、「ノイシュバンシュタイン城」と目される城に到着する。王様に発見され、ヒルシュフォーゲルに捧げる少年の愛に感動した王様に受け入れられ、アウグストは美術学校で絵の勉強をさせてもらえる機会を得ることになって、ハッピーエンドで話は終わる。この作品は、『フランダースの犬』と共に読むと補完作用があって、最もその力を発揮する。『フランダースの犬』で鬱積した読者の気持ちが、「アウグスト」と名前を変えて、「ネロ少年」の果たしえなかった夢が実現されることによって癒され、『フランダースの犬』の内容も快く受け入れられることになるのである。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: フランダースの犬、ニュルンベルクのストーブ
  • 著者名: ウィーダ/今西 薫
  • eBookJapan発売日: 2016年08月02日
  • 出版社: BookWay
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 2.0MB
  • 関連ジャンル: 外国文学小説・文芸
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。