週刊誌記者 近松門左衛門 最新現代語訳で読む「曽根崎心中」「女殺油地獄」

741円 (税別)

獲得ポイント 8pt (1%還元)

「日本のシェイクスピア」とたたえられる近松門左衛門は、週刊誌のエース記者だった!?心中事件があったと聞けば駕籠で駆けつけ、遺体を見ては、事件の翌週に舞台にかける。恋、心中、姦通、横領、強盗、殺人……近松の描いたものは、いずれも「俗」の極致。その「俗」にジャーナリスティックな視線で鋭く切り込み、人間の本質を描くことで、近松は「俗」を「俗」に終わらせず、文学の高みにまで押し上げた。町人の恋愛や風俗を描いた人形芝居のため「世話浄瑠璃」、その近松の初作となる『曽根崎心中』。元禄時代の衝動殺人という衝撃的な事件を扱った『女殺油地獄』。近松の代表作ふたつを取り上げ、平易な現代語に翻訳。日本人なら読んでおきたい近松作品を味わえる一冊。

カゴに追加 741 円(税別)

「日本のシェイクスピア」とたたえられる近松門左衛門は、週刊誌のエース記者だった!?心中事件があったと聞けば駕籠で駆けつけ、遺体を見ては、事件の翌週に舞台にかける。恋、心中、姦通、横領、強盗、殺人……近松の描いたものは、いずれも「俗」の極致。その「俗」にジャーナリスティックな視線で鋭く切り込み、人間の本質を描くことで、近松は「俗」を「俗」に終わらせず、文学の高みにまで押し上げた。町人の恋愛や風俗を描いた人形芝居のため「世話浄瑠璃」、その近松の初作となる『曽根崎心中』。元禄時代の衝動殺人という衝撃的な事件を扱った『女殺油地獄』。近松の代表作ふたつを取り上げ、平易な現代語に翻訳。日本人なら読んでおきたい近松作品を味わえる一冊。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。