書籍の詳細

「オレにエサを与えるように、魂精を与えるためだけに来ないでくれ」不思議な声に呼ばれ、気を失った守屋龍聖は見知らぬ場所で目を覚ます。そこは竜が空を飛びかい、竜王が治める異世界の国エルマーンだった。古からの契約により、竜王の妃として生きなければならない…そう告げられ、戸惑う龍聖の前に、深紅の髪の竜王フェイワンが現れる。だが、彼は幼い子供の姿で…! 王は、体の接触によって龍聖だけが与えられる命の糧「魂精」が欠乏したため、成人でありながら、若退化し、子供の姿でいたのだった。王位を巡る陰謀、主従の絆、謎めいた過去の死、運命の伴侶との愛! 《電子限定の書き下ろしショートも追加収録!》

総合評価
4.3 レビュー総数:3件
評価内訳

空に響くは竜の歌声のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    大好きなシリーズです
    設定がしっかりしていて、お値段は高いものの読み応えがあるボリュームなので惜しくはありませんでした。
    シリーズになっているため、その後の2人も触れられていたり、
    「2人の子供が主人公か~!」と感慨深いです。
    まだまだシリーズとしては続くようなので、これからも楽しみです^^
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年10月24日
  • 匿名希望
    高い割には
    ファンタジーだけど読んでいてあんまりわくわくしなかった
    • 参考になった 0
    投稿日:2018年08月27日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    やっと
    わたしがこの小説に出会ったのは15年以上前のことです。
    まだ小説投稿サイトなんてなくて、検索しては小説を読み漁っていたときに、この作品に出会いました。
    当時は今よりもいい作品に出会うのは難しくて。この作品を見つけたときは、愛に溢れる雰囲気と、竜たち、子どもたちのかわいさに、感動したものです。
    知った小説が次々文庫化されていく中、ホームページにたどりつき方さえわからなくなってしまい、読めなくなって作品もたくさんありました。この作品のそのひとつで。また読めることが本当に嬉しいです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2018年08月14日