書籍の詳細

現実は妄想よりスゴイ。ポルノ作家と俺の“代筆”のお仕事。大学生の久住(くずみ)は、ポルノ作家・木島(きじま)の腕を骨折させてしまい、口述筆記で代筆することに。仕事をはじめて数日。淫らな文章を読み上げる木島の声は久住の耳を責めたて、疼いた下半身は完勃ち状態に…。「抜いてあげようか? 口でしてあげる」からかわれた久住は、その日から木島で“エロい妄想”をするようになってしまい――? 純情大学生×思わせぶり官能小説家のお子様厳禁セクシャル・ワールド。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ポルノグラファーのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • ネタバレあり
    やっと電子版で読めた!
    BLは諸事情により電子版でしか購入してないので、この作品を本屋さんでチェックしたときからずっと待ってました!!
    表紙と眼鏡と帯の誘い文句に惹かれました!
    やはりとても良かった…
    小説の音読をしている木島先生の無表情がえっちすぎました…
    ミステリアスな先生がいまいち掴めなくて気付いたら夢中になってしまっていた久住くん。妄想が可愛いです。
    ポルノ小説の音読シーンはたくさんあるけど本番シーンは少なめ、なのに!全体的にセクシーなのは、先生の無表情と久住くんの焦りまくる顔のコントラストのせいですかね…
    全体的に落ち着いた作品だと感じました、ゆったりとセクシー。
    • 参考になった 3
    投稿日:2016年08月24日