書籍の詳細

世界初“愛”を理解する男性型アンドロイドのミライはエッチなことに興味シンシン。ミライを造ってくれたハカセのことが大好きで、寝込みを襲っては“ごほーし”させてもらっているけど、いつか本当の“せっくす”っていうのもしてみたい。そんなある日、研究所へ修理にやってきた女性型セクサロイド・アンナの爆弾発言でミライは大ピンチに! なんとミライの性器はハリボテで、お尻の穴があるべき所はつるっつる! しかもアンナはハカセを狙ってる!? 「ハカセもハカセのち●ち●も誰にもあげない!!」。人嫌いの博士と人を愛するアンドロイド、心と体が半熟なふたりの恋愛プログラム起動!

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

ボクの博士と僕のミライのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    テンション高め
    前作の「添い遂げたいの」とは違ってテンションが高めのエロ(ラブ?)コメでした。
    絵が綺麗でハカセも所長もカッコイイ!
    ライバルキャラとして女のセクサロイドが出てくるのですけれど、BLに女キャラのエロティックさはいらない!という方は苦手かも。
    とてもいいところで終わっているので続きが楽しみです!
    それにしてもハカセは受攻どっちなのかしら・・・?
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年07月29日