リンドバーグ第二次大戦日記 上

896円 (税別)

獲得ポイント 9pt (1%還元)

「われわれは確かに軍事的な意味での勝利を得た。しかしもっと広い意味から考えれば、われわれは戦争に敗北したように思われてならぬ」大西洋無着陸単独横断飛行や人工心臓装置の開発など、数々の偉業を為した英雄リンドバーグ。唯一残した日記は、第二次大戦という西欧文明崩壊の証言だった。断固として訴えた米国の参戦反対、ルーズベルト大統領との確執、航空事業界の国際的な内幕――戦後25年を経て公開された、衝撃の記録。(目次)まえがき――刊行者のことば大戦前夜――ヨーロッパで 第一章 大英帝国、老いたり―― 一九三八年  スターリンの空軍を見る/ヒトラーは強気だ/西部戦線、異常あり/ナチスがくれた最高勲章/独仏密約を策す 第二章 戦争か平和か 帰国―― 一九三九年  早くもスパイ説/指導者が正気を失えば/運命は狂人の手に/油断ならぬ大統領/いかに生きるべきか/ヒトラーが仕掛けてきた/「参戦反対」に踏み切る/大統領候補にどうか/上手な喧嘩の仕方 第三章 ロンドン炎上 米国で―― 一九四〇年  戦機うかがう大統領/やつを「抹殺」せよ/参戦反対の旗を/三選は参戦だ!大戦前夜――米本国で 第四章 ファシスト呼ばわりされて―― 一九四一年  逆風にもめげず主要登場人物

カゴに追加 896 円(税別)

「われわれは確かに軍事的な意味での勝利を得た。しかしもっと広い意味から考えれば、われわれは戦争に敗北したように思われてならぬ」大西洋無着陸単独横断飛行や人工心臓装置の開発など、数々の偉業を為した英雄リンドバーグ。唯一残した日記は、第二次大戦という西欧文明崩壊の証言だった。断固として訴えた米国の参戦反対、ルーズベルト大統領との確執、航空事業界の国際的な内幕――戦後25年を経て公開された、衝撃の記録。(目次)まえがき――刊行者のことば大戦前夜――ヨーロッパで 第一章 大英帝国、老いたり―― 一九三八年  スターリンの空軍を見る/ヒトラーは強気だ/西部戦線、異常あり/ナチスがくれた最高勲章/独仏密約を策す 第二章 戦争か平和か 帰国―― 一九三九年  早くもスパイ説/指導者が正気を失えば/運命は狂人の手に/油断ならぬ大統領/いかに生きるべきか/ヒトラーが仕掛けてきた/「参戦反対」に踏み切る/大統領候補にどうか/上手な喧嘩の仕方 第三章 ロンドン炎上 米国で―― 一九四〇年  戦機うかがう大統領/やつを「抹殺」せよ/参戦反対の旗を/三選は参戦だ!大戦前夜――米本国で 第四章 ファシスト呼ばわりされて―― 一九四一年  逆風にもめげず主要登場人物

  • 完結
  • 紙と同時
レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。