40字要約でわかる 兵器の常識・非常識

463円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

・空爆だけで、敵国を屈服させられる?・敵戦闘機にロックオンされたら、どうやって逃げる?・現代の軍艦は、どの程度のダメージを受けたら沈むのか?・『沈黙の艦隊』のように、1隻の潜水艦で複数の軍艦を撃沈できる?・「戦車」と「装甲車」「自走砲」の違いとは?・未来の戦車は、どのようなものになる?・マンガのように、いつまでも追ってくるミサイルはあるのか?元自衛官が、兵器についての素朴な疑問をわかりやすく解説この1冊で、戦闘機からイージス艦、空母、潜水艦、戦車、ミサイル・爆弾までが一気にわかる!■例[Q]ステルス戦闘機が重要な“本当の理由”とは?[A]ステルス戦闘機というと対空戦闘能力ばかりが注目されるが、本当に力を発揮するのはレーダー施設、空港などへの先制攻撃である。敵に気付かれることなく、敵の重要施設を爆撃することができる。これは大きい。[Q]戦艦「大和」とイージス艦「あたご型」が戦ったら、どちらが強い?[A]レーダーや対艦ミサイルをもつ「あたご」が索敵能力や遠距離攻撃能力では圧倒する。しかし500mmの装甲をもつ「大和」は沈められるかは疑問だ。沈められない場合は「あたご」は10数kmまで接近して魚雷を打ち込む必要があるが、「大和」の大砲が1発でも当たれば、「あたご」の装甲は紙ペラのようなもの。[Q]現代の最新戦車は、どのくらいの距離から砲弾を命中させられるの?[A]戦車もコンピュータ化が進んでおり、コンピュータがレーザー測距機で射距離を決定し、射撃統制装置というにデータが自動で入力される。そのため3000mなら9割命中する。湾岸戦争では5000m先の戦車を撃破した記録もある。[Q]マンガのように、いつまでも追ってくるミサイルはあるのか?[A]マンガや映画ではミサイルを一度かわしても、旋回して再び追ってくる描写がされることがある。しかし実際にはミサイルのレーダー(目)は小さいので敵機を見失うことも多く、燃料はすぐに燃え尽きて惰性で飛ぶものなのでエネルギー(速度)を失ってしまう場合が多い。■目次PART1 空の兵器PART2 海の兵器PART3 陸の兵器PART4 ミサイル・爆弾■著者略歴あかぎひろゆき昭和60年(1985)3月、陸上自衛隊第5普通科連隊 新隊員教育隊(青森)に入隊。東北方面飛行隊にて観測ヘリコプターOH-6および連絡偵察機LR-1の整備、武器係陸曹として小火器の整備などに携わる。その後、武器補給処航空部(霞ヶ浦)、補給統制本部(十条)、関東補給処航空部(霞ヶ浦)に勤務し、平成15年に2等陸曹で依願退職。つくば戦略研究所にて、主任研究員も務める。

カゴに追加 463 円(税別)

・空爆だけで、敵国を屈服させられる?・敵戦闘機にロックオンされたら、どうやって逃げる?・現代の軍艦は、どの程度のダメージを受けたら沈むのか?・『沈黙の艦隊』のように、1隻の潜水艦で複数の軍艦を撃沈できる?・「戦車」と「装甲車」「自走砲」の違いとは?・未来の戦車は、どのようなものになる?・マンガのように、いつまでも追ってくるミサイルはあるのか?元自衛官が、兵器についての素朴な疑問をわかりやすく解説この1冊で、戦闘機からイージス艦、空母、潜水艦、戦車、ミサイル・爆弾までが一気にわかる!■例[Q]ステルス戦闘機が重要な“本当の理由”とは?[A]ステルス戦闘機というと対空戦闘能力ばかりが注目されるが、本当に力を発揮するのはレーダー施設、空港などへの先制攻撃である。敵に気付かれることなく、敵の重要施設を爆撃することができる。これは大きい。[Q]戦艦「大和」とイージス艦「あたご型」が戦ったら、どちらが強い?[A]レーダーや対艦ミサイルをもつ「あたご」が索敵能力や遠距離攻撃能力では圧倒する。しかし500mmの装甲をもつ「大和」は沈められるかは疑問だ。沈められない場合は「あたご」は10数kmまで接近して魚雷を打ち込む必要があるが、「大和」の大砲が1発でも当たれば、「あたご」の装甲は紙ペラのようなもの。[Q]現代の最新戦車は、どのくらいの距離から砲弾を命中させられるの?[A]戦車もコンピュータ化が進んでおり、コンピュータがレーザー測距機で射距離を決定し、射撃統制装置というにデータが自動で入力される。そのため3000mなら9割命中する。湾岸戦争では5000m先の戦車を撃破した記録もある。[Q]マンガのように、いつまでも追ってくるミサイルはあるのか?[A]マンガや映画ではミサイルを一度かわしても、旋回して再び追ってくる描写がされることがある。しかし実際にはミサイルのレーダー(目)は小さいので敵機を見失うことも多く、燃料はすぐに燃え尽きて惰性で飛ぶものなのでエネルギー(速度)を失ってしまう場合が多い。■目次PART1 空の兵器PART2 海の兵器PART3 陸の兵器PART4 ミサイル・爆弾■著者略歴あかぎひろゆき昭和60年(1985)3月、陸上自衛隊第5普通科連隊 新隊員教育隊(青森)に入隊。東北方面飛行隊にて観測ヘリコプターOH-6および連絡偵察機LR-1の整備、武器係陸曹として小火器の整備などに携わる。その後、武器補給処航空部(霞ヶ浦)、補給統制本部(十条)、関東補給処航空部(霞ヶ浦)に勤務し、平成15年に2等陸曹で依願退職。つくば戦略研究所にて、主任研究員も務める。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 40字要約でわかる 兵器の常識・非常識
  • 著者名: あかぎひろゆき
  • eBookJapan発売日: 2016年07月21日
  • 出版社: Panda Publishing
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 41.0MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 教養・カルチャー
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。