【体うっ血の評価】 Transient elastography法による”肝臓の硬さ”の評価

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心不全において、”体うっ血”はさまざまな臓器障害を引き起こす可能性が示唆されている。体うっ血評価のゴールドスタンダードは右心カテーテルによって測定された右房圧だが、現在ルーチンの測定は勧められていない。心エコー検査で計測された下大静脈指標は、頻繁に使用される右房圧の非侵襲的推定法である。しかし、半定量的な推定に止まることや下大静脈径の体格による補正の必要性などが報告されており、依然としてさまざまな問題点が残る。近年、消化器領域においてtransient elastography法により測定された肝硬度(LS)が肝硬変の非侵襲的ステージングに使用されている。このLSは右房圧によって影響を受け、心不全症例においては疑陽性を呈することが問題となっていた。肝臓は非弾性被膜に覆われているため、右房圧の上昇に伴いLSが上昇し、肝うっ血評価に有用である可能性がある。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】心不全において、”体うっ血”はさまざまな臓器障害を引き起こす可能性が示唆されている。体うっ血評価のゴールドスタンダードは右心カテーテルによって測定された右房圧だが、現在ルーチンの測定は勧められていない。心エコー検査で計測された下大静脈指標は、頻繁に使用される右房圧の非侵襲的推定法である。しかし、半定量的な推定に止まることや下大静脈径の体格による補正の必要性などが報告されており、依然としてさまざまな問題点が残る。近年、消化器領域においてtransient elastography法により測定された肝硬度(LS)が肝硬変の非侵襲的ステージングに使用されている。このLSは右房圧によって影響を受け、心不全症例においては疑陽性を呈することが問題となっていた。肝臓は非弾性被膜に覆われているため、右房圧の上昇に伴いLSが上昇し、肝うっ血評価に有用である可能性がある。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。