Advanced Surgical Skills 手術のコツとピットフォール 膝関節 前十字靱帯再々建術

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術の概要・目的・適応 前十字靱帯(anterior cruciate ligament:ACL)損傷に対して,ACL再建術が行われるが,術後の経過において,少なからずとも再断裂や不安定性の再発をきたす症例がある.これらの症例に対するアプローチとしては,特に活動性や不安定性が高い症例にはACL再々建術が必要となる.再々建術は使用する移植腱,作製する骨孔位置が問題となる.移植腱は骨付き膝蓋腱(bone-patella tendonbone:BTB)とハムストリング腱の2種類がある.初回手術時に作製された骨孔位置も術前計画に必要な情報である.再々建術は初回手術が同一施設で行われた手術ではない場合や,初回手術から複数年経過している症例において,骨棘形成などの変形性関節症の合併がある症例では手術が難しくなる.当科で行っているACL再々建術について述べる.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】手術の概要・目的・適応 前十字靱帯(anterior cruciate ligament:ACL)損傷に対して,ACL再建術が行われるが,術後の経過において,少なからずとも再断裂や不安定性の再発をきたす症例がある.これらの症例に対するアプローチとしては,特に活動性や不安定性が高い症例にはACL再々建術が必要となる.再々建術は使用する移植腱,作製する骨孔位置が問題となる.移植腱は骨付き膝蓋腱(bone-patella tendonbone:BTB)とハムストリング腱の2種類がある.初回手術時に作製された骨孔位置も術前計画に必要な情報である.再々建術は初回手術が同一施設で行われた手術ではない場合や,初回手術から複数年経過している症例において,骨棘形成などの変形性関節症の合併がある症例では手術が難しくなる.当科で行っているACL再々建術について述べる.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。