【頚椎椎弓形成術 バリエーションとその極意】 臨床的な応用編 片開き式vs両開き式頚椎椎弓形成術

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】DCMに対する手術治療 圧迫性頚髄症は中高年者に最も多く見られる脊髄障害の一つで,頚髄が圧迫されることで生じる脊髄障害の総称である.圧迫の原因としては,頚椎症性脊髄症(cervical spondylotic myelopathy:CSM),後縦靱帯骨化症(ossificationofposteriorlongitudinal ligament:OPLL)などを含み,近年世界ではdegenerativecervical myelopathy(DCM)と総称され,包括的にその病態や治療を論じる傾向にある.その自然経過は,その発症後3~6年の間に約20~60%の患者でtheJapaneseOrthopedic Association(JOA)score が1点以上悪化するとされ,進行性の病態とされる.神経症状が中等度まで(JOAscore12点以上)のものには症例に応じて保存的治療が選択されるが,その23~54%は保存的治療に抵抗性を示し,神経症状の悪化を認める.

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】DCMに対する手術治療 圧迫性頚髄症は中高年者に最も多く見られる脊髄障害の一つで,頚髄が圧迫されることで生じる脊髄障害の総称である.圧迫の原因としては,頚椎症性脊髄症(cervical spondylotic myelopathy:CSM),後縦靱帯骨化症(ossificationofposteriorlongitudinal ligament:OPLL)などを含み,近年世界ではdegenerativecervical myelopathy(DCM)と総称され,包括的にその病態や治療を論じる傾向にある.その自然経過は,その発症後3~6年の間に約20~60%の患者でtheJapaneseOrthopedic Association(JOA)score が1点以上悪化するとされ,進行性の病態とされる.神経症状が中等度まで(JOAscore12点以上)のものには症例に応じて保存的治療が選択されるが,その23~54%は保存的治療に抵抗性を示し,神経症状の悪化を認める.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧19冊の書籍

1~19件/19件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。