専門医に求められる最新の知識 機能外科 数値流体力学(CFD)を用いた片側顔面痙攣の神経血管圧迫部位における圧迫血管の局所血行力学

1000円 (税別)

獲得ポイント 10pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】【目的】数値流体力学(CFD)を用いて、片側顔面痙攣の神経血管接触(NVC)部位における圧迫血管に特徴的な局所血行力学的所見を検討した。【方法】微小血管減圧術を実施した片側顔面痙攣10例。術前に3D融合画像を作成した。患者固有の血管形状を作成し、非定常流解析を行った。CFDパラメータは、血流速度、流線、壁圧、壁面せん断応力の方向と大きさ、圧力損失で評価した。壁面せん断応力の大きさは、NVC部位近傍でのNVC近位部、NVC部、NVC遠位部において、心拍動全周期平均、心収縮最大期、心拡張終末期で数値解析し、NVC部とNVC遠位部での値をNVC近位部での値で除した比率を算出し比較した。心拍動に伴う壁面せん断応力は、ダイナミックな変動を動画観察した。心拍動全周期に伴う壁面せん断応力の方向と大きさの変動値を3D可視化した。NVC部位での圧迫血管の局所血行力学的特徴は、術野に相応した3D-CFD画像を作成し、術中所見および3D融合画像での解剖学的形態と対比し評価した。【結果】圧迫血管の血流速度は、血管の種類や太さで異なった。流線はNVC部位で速く、壁圧は末梢で漸次低減した。壁面せん断応力はNVC部位でベクトル方向の不均一性が示された。NVC部とNVC遠位部でのNVC近位部に対する壁面せん断応力の比率は、心拍動全周期平均、心収縮最大期、心拡張終末期のいずれにおいても、NVC部で有意に高値であった(P<0.001)。圧力損失の比率もNVC部で高値であったが、有意差は認められなかった。心拍動に同期した壁面せん断応力は、心収縮期に最大となる高い領域が、NVC部位で広範囲に視認された。心拍動全周期における圧迫血管の壁面せん断応力は、NVC部位ではベクトル方向は低い変動値領域として表示され、大きさは高い変動値領域として可視化された。【結論】CFD解析により、片側顔面痙攣のNVC部位での圧迫血管に特徴的な局所血行力学的所見が評価された。圧迫血管の壁面せん断応力のNVC近位部に対する比率は、NVC遠位部に比べて、NVC部で有意に高い比率が、心拍動全周期を通して認められた。片側顔面痙攣のNVC部位での圧迫血管の局所血行力学は、NVCの新しい血行力学的評価として、今後有用になるものと考えられた。

立ち読み(2ページ)

カゴに追加 1000 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】【目的】数値流体力学(CFD)を用いて、片側顔面痙攣の神経血管接触(NVC)部位における圧迫血管に特徴的な局所血行力学的所見を検討した。【方法】微小血管減圧術を実施した片側顔面痙攣10例。術前に3D融合画像を作成した。患者固有の血管形状を作成し、非定常流解析を行った。CFDパラメータは、血流速度、流線、壁圧、壁面せん断応力の方向と大きさ、圧力損失で評価した。壁面せん断応力の大きさは、NVC部位近傍でのNVC近位部、NVC部、NVC遠位部において、心拍動全周期平均、心収縮最大期、心拡張終末期で数値解析し、NVC部とNVC遠位部での値をNVC近位部での値で除した比率を算出し比較した。心拍動に伴う壁面せん断応力は、ダイナミックな変動を動画観察した。心拍動全周期に伴う壁面せん断応力の方向と大きさの変動値を3D可視化した。NVC部位での圧迫血管の局所血行力学的特徴は、術野に相応した3D-CFD画像を作成し、術中所見および3D融合画像での解剖学的形態と対比し評価した。【結果】圧迫血管の血流速度は、血管の種類や太さで異なった。流線はNVC部位で速く、壁圧は末梢で漸次低減した。壁面せん断応力はNVC部位でベクトル方向の不均一性が示された。NVC部とNVC遠位部でのNVC近位部に対する壁面せん断応力の比率は、心拍動全周期平均、心収縮最大期、心拡張終末期のいずれにおいても、NVC部で有意に高値であった(P<0.001)。圧力損失の比率もNVC部で高値であったが、有意差は認められなかった。心拍動に同期した壁面せん断応力は、心収縮期に最大となる高い領域が、NVC部位で広範囲に視認された。心拍動全周期における圧迫血管の壁面せん断応力は、NVC部位ではベクトル方向は低い変動値領域として表示され、大きさは高い変動値領域として可視化された。【結論】CFD解析により、片側顔面痙攣のNVC部位での圧迫血管に特徴的な局所血行力学的所見が評価された。圧迫血管の壁面せん断応力のNVC近位部に対する比率は、NVC遠位部に比べて、NVC部で有意に高い比率が、心拍動全周期を通して認められた。片側顔面痙攣のNVC部位での圧迫血管の局所血行力学は、NVCの新しい血行力学的評価として、今後有用になるものと考えられた。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧13冊の書籍

1~13件/13件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。