私の提言、苦言、放言 第一一五回 高見沢草介著『感情の化学』を読んで

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】眼科医で作家の高見沢草介氏が、三作目の小説を発表した。彼と私は年齢的に近く、眼科医としても短くない付き合いである。本名での講演を何度も聞いているが、その語り口、ことばの使いかた、話の構成は見事で、博識であり、かつ深い考察がある。 発表された三作の小説も、彼以外には書けないであろう独自の世界だ。表題の最新作(作品社)は、いかにも難解で一般受けしそうにないタイトルだが、プロローグにあるように、彼の処女作『異物の国への旅』と対をなした小説(この著者は二重症例報告と呼んでおり、そういう形をとっているといえなくもない)である。行替えの少ない記述は、読者に息をつく暇を与えないことを、著者が要求して企んだものと思え、その内容や文体の濃さとあいまって、確かに読者をぐいぐいと著者の世界へと引き込んでいく。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】眼科医で作家の高見沢草介氏が、三作目の小説を発表した。彼と私は年齢的に近く、眼科医としても短くない付き合いである。本名での講演を何度も聞いているが、その語り口、ことばの使いかた、話の構成は見事で、博識であり、かつ深い考察がある。 発表された三作の小説も、彼以外には書けないであろう独自の世界だ。表題の最新作(作品社)は、いかにも難解で一般受けしそうにないタイトルだが、プロローグにあるように、彼の処女作『異物の国への旅』と対をなした小説(この著者は二重症例報告と呼んでおり、そういう形をとっているといえなくもない)である。行替えの少ない記述は、読者に息をつく暇を与えないことを、著者が要求して企んだものと思え、その内容や文体の濃さとあいまって、確かに読者をぐいぐいと著者の世界へと引き込んでいく。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧25冊の書籍

1~25件/25件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。