【リハビリ病棟の退院支援 難しいケースから学ぶ「生活復帰」成功への道!】 事例 高次脳機能障害者の復職支援 復職には至らないものの、新規就労に至った例

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】事例紹介 D氏、40歳代後半、男性。頭部外傷にて、高次脳機能障害(記憶障害、注意障害、遂行機能障害、病識の欠如)となる。身体の麻痺はほぼ消失。都市部に近く、交通機関が発達した地域に在住、会社が借りているアパートで1人暮らし。実家は遠方のL県で、両親と兄家族が在住。仕事は製造業の会社勤務で、入院時は休職中。 本事例は、目標とした復職には至らなかったが、のちに新規就労をしたケースである。回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)入院中は、本人は単身生活を希望していたが、家族は実家で同居することを考えており、病院側の評価でも一人暮らしは難しい状態と判断したケースであった。本人と家族の退院先の意向が異なったケースだが、回復期リハ病院で本人の希望する生活に向けた支援をスタートさせることができた事例である。支援のポイントは第1に自己決定支援であり、第2には、本人の暮らしを想定した生活評価や高次脳機能障害の評価に基づいた支援である(図1)。

※本作品は2018年4月27日で販売を終了いたします。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】事例紹介 D氏、40歳代後半、男性。頭部外傷にて、高次脳機能障害(記憶障害、注意障害、遂行機能障害、病識の欠如)となる。身体の麻痺はほぼ消失。都市部に近く、交通機関が発達した地域に在住、会社が借りているアパートで1人暮らし。実家は遠方のL県で、両親と兄家族が在住。仕事は製造業の会社勤務で、入院時は休職中。 本事例は、目標とした復職には至らなかったが、のちに新規就労をしたケースである。回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)入院中は、本人は単身生活を希望していたが、家族は実家で同居することを考えており、病院側の評価でも一人暮らしは難しい状態と判断したケースであった。本人と家族の退院先の意向が異なったケースだが、回復期リハ病院で本人の希望する生活に向けた支援をスタートさせることができた事例である。支援のポイントは第1に自己決定支援であり、第2には、本人の暮らしを想定した生活評価や高次脳機能障害の評価に基づいた支援である(図1)。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。