【リハビリ病棟の退院支援 難しいケースから学ぶ「生活復帰」成功への道!】 事例 患者・家族の主体性と自己決定を支える退院支援 地域ネットワークの活用を通して

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】事例紹介 C氏、50歳代後半男性。ソーシャルワーカー(以下、SW)が以前所属していた病院から車で15分程度の距離にある、エレベーターがなく、屋内は段差が多いマンションの5階で独居生活をされていた。仕事は腰を痛めて2年ほど前に退職したが、毎月9万円のローン返済が5年残っている。アルバイトや貯蓄を切り崩して生活していたが、貯蓄も少なくなり、再就職を検討していた。 家族は県内に兄妹がいるものの関係が悪い。前妻との間に20歳代前半の娘が1 人おり、隣の市で前妻と生活しているが2、3カ月に1回程度、本人宅に泊まりに来ていた。その娘が来ているときに脳梗塞を発症し、自宅近くの急性期病院に搬送されたが、重度の右上下肢麻痺と重度の失語症が残存。体調不良や転院に対する家族の迷いから、発症から2カ月ぎりぎりで当院の回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)に入院された。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】事例紹介 C氏、50歳代後半男性。ソーシャルワーカー(以下、SW)が以前所属していた病院から車で15分程度の距離にある、エレベーターがなく、屋内は段差が多いマンションの5階で独居生活をされていた。仕事は腰を痛めて2年ほど前に退職したが、毎月9万円のローン返済が5年残っている。アルバイトや貯蓄を切り崩して生活していたが、貯蓄も少なくなり、再就職を検討していた。 家族は県内に兄妹がいるものの関係が悪い。前妻との間に20歳代前半の娘が1 人おり、隣の市で前妻と生活しているが2、3カ月に1回程度、本人宅に泊まりに来ていた。その娘が来ているときに脳梗塞を発症し、自宅近くの急性期病院に搬送されたが、重度の右上下肢麻痺と重度の失語症が残存。体調不良や転院に対する家族の迷いから、発症から2カ月ぎりぎりで当院の回復期リハビリテーション病棟(以下、回復期リハ病棟)に入院された。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。