【イザッ!の場面もあわてない IABP・PCPSケアをたすける極意20】 IABP 極意(その1) 適応と駆動原理を知る!

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】解説 心臓は全身の血液を循環させるために、必要な血液を送り出すポンプ作用の働きをする臓器です。このポンプの働きが悪くなった病態を重症心不全といいます。重症心不全の中でも薬物抵抗性疾患に対しては、機械的に心臓を補助する必要があります(図1)。その圧補助手段として大動脈内バルーンパンピング(intraaortic balloon pumping;IABP)があります。IABPは手技や操作の簡便さから、最も多く用いられる補助循環装置です(図1)。冠動脈血流量の増加、心臓の後負荷軽減による心仕事量減少の効果があり、心原性ショックの改善、ハイリスク症例の予防的使用などに用いられます。いわば心筋の負担を軽減し酸素の需要と供給の不均衡を是正する装置です。IABPの補助能力は、心機能の10~15%程度といわれていますが、心拍に同期させて使用するため、自己心拍および動脈圧波形がある程度維持された症例での適応となります。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】解説 心臓は全身の血液を循環させるために、必要な血液を送り出すポンプ作用の働きをする臓器です。このポンプの働きが悪くなった病態を重症心不全といいます。重症心不全の中でも薬物抵抗性疾患に対しては、機械的に心臓を補助する必要があります(図1)。その圧補助手段として大動脈内バルーンパンピング(intraaortic balloon pumping;IABP)があります。IABPは手技や操作の簡便さから、最も多く用いられる補助循環装置です(図1)。冠動脈血流量の増加、心臓の後負荷軽減による心仕事量減少の効果があり、心原性ショックの改善、ハイリスク症例の予防的使用などに用いられます。いわば心筋の負担を軽減し酸素の需要と供給の不均衡を是正する装置です。IABPの補助能力は、心機能の10~15%程度といわれていますが、心拍に同期させて使用するため、自己心拍および動脈圧波形がある程度維持された症例での適応となります。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧31冊の書籍

1~31件/31件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。