【赤ちゃんとSpO2の関係、もっと知りたい! 酸素 なぜ?なに?Q&A~素朴な疑問から実践まで~】 酸素を投与する(Q18) なぜ酸素を投与してはいけない先天性心疾患があるの?

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】NICUには低酸素血症を呈する新生児がしばしば入院します。最も一般的な対症療法は酸素吸入です。なぜなら、新生児の低酸素血症は呼吸に関連するものが多く、吸入酸素濃度を上昇させることで肺胞内の酸素濃度、そして肺静脈血の酸素分圧、つまりは動脈血酸素分圧(PaO2)を上昇させて、末梢への酸素供給を増加することが期待できるからです。 しかしここで忘れてはいけないのは、酸素は血管にも作用するという事実です。肺血管を除くほとんどの血管は低酸素により弛緩し、酸素により収縮します。特に動脈管はその程度が他の血管に比し非常に大きく、新生児が出生して肺呼吸を開始すると酸素化された血液が動脈管を流れるようになり、動脈管の機能的収縮が生じます。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】NICUには低酸素血症を呈する新生児がしばしば入院します。最も一般的な対症療法は酸素吸入です。なぜなら、新生児の低酸素血症は呼吸に関連するものが多く、吸入酸素濃度を上昇させることで肺胞内の酸素濃度、そして肺静脈血の酸素分圧、つまりは動脈血酸素分圧(PaO2)を上昇させて、末梢への酸素供給を増加することが期待できるからです。 しかしここで忘れてはいけないのは、酸素は血管にも作用するという事実です。肺血管を除くほとんどの血管は低酸素により弛緩し、酸素により収縮します。特に動脈管はその程度が他の血管に比し非常に大きく、新生児が出生して肺呼吸を開始すると酸素化された血液が動脈管を流れるようになり、動脈管の機能的収縮が生じます。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧26冊の書籍

1~26件/26件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。