【季節ごとの救急がひと目でわかる!Season’s Emergencyカレンダーつき!春夏秋冬の救急図鑑】 10月 喘息発作

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】病態生理 新ガイドライン(『喘息予防・管理ガイドライン2015』)での喘息の定義は、「気道の慢性炎症を本態とし、臨床症状として変動性を持った気道狭窄や咳で特徴付けられる疾患」とされている。診断の目安として次の6項目が挙げられている。(1)発作性の呼吸困難、喘鳴、息苦しさ、咳(夜間・早朝に出やすい)の反復、(2)可逆性の気流制限、(3)気道過敏性の亢進、(4)アトピー素因の存在、(5)気道炎症の存在、(6)他疾患の除外である。これらの関係性を図示すると、アトピー素因や気道過敏性の亢進により可逆性の気流障害が生じることで、その結果として、発作性の症状が生じることから、最も大切な点は、「可逆性の気流制限」であることが分かる(図1)。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】病態生理 新ガイドライン(『喘息予防・管理ガイドライン2015』)での喘息の定義は、「気道の慢性炎症を本態とし、臨床症状として変動性を持った気道狭窄や咳で特徴付けられる疾患」とされている。診断の目安として次の6項目が挙げられている。(1)発作性の呼吸困難、喘鳴、息苦しさ、咳(夜間・早朝に出やすい)の反復、(2)可逆性の気流制限、(3)気道過敏性の亢進、(4)アトピー素因の存在、(5)気道炎症の存在、(6)他疾患の除外である。これらの関係性を図示すると、アトピー素因や気道過敏性の亢進により可逆性の気流障害が生じることで、その結果として、発作性の症状が生じることから、最も大切な点は、「可逆性の気流制限」であることが分かる(図1)。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。