【季節ごとの救急がひと目でわかる!Season’s Emergencyカレンダーつき!春夏秋冬の救急図鑑】 特別編 年間を通じて知っておきたいこと プライマリーケアの現場で役に立つ知識

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】プライマリーケアで診療され得る疾患の特徴とは プライマリーケアで診療するのは、生活習慣病をはじめとする内科的慢性疾患で長期間通院している患者たち、あるいは比較的軽症な内科疾患や軽症外傷で受診する患者などが多い。しかし、そのような比較的緊急度および重症度の低い患者たちの中に、早急の治療や入院が必要な救急患者が潜んでいる。例えば、嘔吐で受診した急性化膿性閉塞性胆管炎で、抗生物質投与や内視鏡的治療が必要となった患者、アナフィラキシーショックを起こしており、エピネフリンの筋注をしながら救命センターまで搬送した患者などを筆者も経験している。従って、プライマリーケアに関わるスタッフは、患者の重症度を適切に見分けること、言い換えれば、目の前の患者が救急医療を施す必要がある重症度なのかどうかを見分けることが非常に大切である。

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】プライマリーケアで診療され得る疾患の特徴とは プライマリーケアで診療するのは、生活習慣病をはじめとする内科的慢性疾患で長期間通院している患者たち、あるいは比較的軽症な内科疾患や軽症外傷で受診する患者などが多い。しかし、そのような比較的緊急度および重症度の低い患者たちの中に、早急の治療や入院が必要な救急患者が潜んでいる。例えば、嘔吐で受診した急性化膿性閉塞性胆管炎で、抗生物質投与や内視鏡的治療が必要となった患者、アナフィラキシーショックを起こしており、エピネフリンの筋注をしながら救命センターまで搬送した患者などを筆者も経験している。従って、プライマリーケアに関わるスタッフは、患者の重症度を適切に見分けること、言い換えれば、目の前の患者が救急医療を施す必要がある重症度なのかどうかを見分けることが非常に大切である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧22冊の書籍

1~22件/22件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。