腹腔鏡補助下手術と開腹手術による直腸がん切除成績の比較:解説「直腸がんの腹腔鏡下手術 標準治療には科学的裏付け不可欠」

400円 (税別)

獲得ポイント 4pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腹腔鏡下手術は一般に開腹手術よりも術後短期の治療成績が良く、予後は同等と考えられている。しかし、直腸がんでは明らかになっていない。2008年以降、米国、カナダなどで実施された腹腔鏡下手術と開腹手術の比較試験に関する論文2本がJAMA誌に掲載された。病期が進行している場合の有効性や、解剖学的な制約から優位性があるかを比べたが、ともに十分な証明には至らない結果となった。国立がん研究センター中央病院の金光幸秀・大腸外科科長は「腹腔鏡下手術が直腸がんの標準治療あるいはオプション的治療と位置づけられるには、科学的裏付けが必要である」と解説する。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 400 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】腹腔鏡下手術は一般に開腹手術よりも術後短期の治療成績が良く、予後は同等と考えられている。しかし、直腸がんでは明らかになっていない。2008年以降、米国、カナダなどで実施された腹腔鏡下手術と開腹手術の比較試験に関する論文2本がJAMA誌に掲載された。病期が進行している場合の有効性や、解剖学的な制約から優位性があるかを比べたが、ともに十分な証明には至らない結果となった。国立がん研究センター中央病院の金光幸秀・大腸外科科長は「腹腔鏡下手術が直腸がんの標準治療あるいはオプション的治療と位置づけられるには、科学的裏付けが必要である」と解説する。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧11冊の書籍

1~11件/11件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。