【切っても切れない細胞同士の縁 -プロテアーゼが細胞ネットワークをつくる】 セリンプロテアーゼによる社会行動の制御

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 健康な生活を営むためには様々な人間関係を良好に保つ必要があるが,社会行動を制御する脳内機構については不明な点が多い.著者らは遺伝子変異による機能欠損が重篤な知的発達障害をもたらすmotopsin,および神経可塑性に重要とされる組織型プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)といった二つのセリンプロテアーゼが社会行動を制御していることを遺伝子欠損マウスの解析から明らかにした.これらのプロテアーゼはシナプス間隙でプロテアーゼ活性を発揮することにより,神経可塑性を制御していることが知られている.一方で両者とも脳内の広い範囲に発現がみられることから,これらのプロテアーゼが社会行動を制御する機構については明らかではない.今後,脳内プロテアーゼによる社会行動制御の脳内機構が明らかにされることにより,社会行動に異常をきたす精神・神経疾患に対する新たな診断・治療法の開発基盤となると期待される.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 健康な生活を営むためには様々な人間関係を良好に保つ必要があるが,社会行動を制御する脳内機構については不明な点が多い.著者らは遺伝子変異による機能欠損が重篤な知的発達障害をもたらすmotopsin,および神経可塑性に重要とされる組織型プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)といった二つのセリンプロテアーゼが社会行動を制御していることを遺伝子欠損マウスの解析から明らかにした.これらのプロテアーゼはシナプス間隙でプロテアーゼ活性を発揮することにより,神経可塑性を制御していることが知られている.一方で両者とも脳内の広い範囲に発現がみられることから,これらのプロテアーゼが社会行動を制御する機構については明らかではない.今後,脳内プロテアーゼによる社会行動制御の脳内機構が明らかにされることにより,社会行動に異常をきたす精神・神経疾患に対する新たな診断・治療法の開発基盤となると期待される.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧21冊の書籍

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。