【切っても切れない細胞同士の縁 -プロテアーゼが細胞ネットワークをつくる】 組織型プラスミノーゲンアクチベーターによる大脳視覚皮質可塑性の制御

700円 (税別)

獲得ポイント 7pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 成体の行動を支える脳機能の多くは,幼弱の「臨界期」とよばれる時期の経験に基づいて成熟することが知られている.なかでも中枢視覚機能は,臨界期中の視覚経験に依存し,大脳視覚皮質・一次視覚野の可塑性による神経回路の編成により急速に発達する.しかし,臨界期中に視覚経験の遮断など不適切な環境刺激に暴露された際には,異常な神経回路の再編成により中枢性の弱視などの発達障害が生じる.近年,個体での遺伝子改変が可能なマウスを利用し,視覚皮質可塑性の臨界期に関わる遺伝子および生体内分子や神経回路ネットワークのメカニズムが明らかになってきた.本稿では,脳内の主要セリンプロテアーゼである組織型プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)に着目し,一次視覚野の眼優位可塑性の臨界期における早期の形態及び機能変化への寄与,ならびに成体の脳に再び可塑性を引き起こす候補因子としての可能性について概説する.

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 700 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】SUMMARY 成体の行動を支える脳機能の多くは,幼弱の「臨界期」とよばれる時期の経験に基づいて成熟することが知られている.なかでも中枢視覚機能は,臨界期中の視覚経験に依存し,大脳視覚皮質・一次視覚野の可塑性による神経回路の編成により急速に発達する.しかし,臨界期中に視覚経験の遮断など不適切な環境刺激に暴露された際には,異常な神経回路の再編成により中枢性の弱視などの発達障害が生じる.近年,個体での遺伝子改変が可能なマウスを利用し,視覚皮質可塑性の臨界期に関わる遺伝子および生体内分子や神経回路ネットワークのメカニズムが明らかになってきた.本稿では,脳内の主要セリンプロテアーゼである組織型プラスミノーゲンアクチベーター(tPA)に着目し,一次視覚野の眼優位可塑性の臨界期における早期の形態及び機能変化への寄与,ならびに成体の脳に再び可塑性を引き起こす候補因子としての可能性について概説する.

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧21冊の書籍

1~21件/21件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。