書籍の詳細

ライバル店舗の出現、落ちる売上げ、足りない予算……。レストランの危機に新人の女性社長が一大奮起!読むだけでいつの間にかマーケティング感覚が身につく、ビジネス・ライトノベル。 プロローグ 君には戦略がない 第1章 やっぱり社長は無理だった!? 第2章 真子、売れる仕組みを考える 第3章 強力なライバル出現! 第4章 なぜお客様は買ってくれないの? 第5章 独自資源はどこにある? 第6章 「想い」を届けるのが会社の使命

まだユーザーレビューはありません。最初のレビューを書いてみませんか?

新人OL、社長になって会社を立て直すのレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • この本を読むことで、企業の戦略とは何か?そしてマーケティングとは何か?を物語を通して学べます。

    では具体的にどんな内容なのかというと、
    「主人公が経営するイタリアンレストランをいかにして他社との差別化を図り収益を上げていくか」
    という経営のお話を小説仕立てのストーリーを通じて学べるビジネス書です。
    ちなみに私が感じたこの本の主題は「戦略とは何か」でしょうか。

    私自身、大学時代に経営戦略に関するゼミに所属していましたのである程度経営戦略の理論については知っているかなぁと思ってました。
    しかし、実際の経営現場で戦略を立案し行動できるようなレベルにまで落としこむノウハウや過程は全く分かってませんでした。

    そんな経営戦略の立案から行動レベルへの落としこみをわかりやすく物語調で書かれているのがこの本です。
    たかだか200ページの本ですが、実際の現場ではどのよなことが行われているのかが驚くほどわかりやすく学べる良書ですね。

    組織を経営する立場でない人でも、チームの経営、自分自身の経営、家庭の経営などなど、我々は「経営」というものを知らず知らず行なっているものです。
    つまり、「経営」は人生の中で切っても切り離せないものなんだと思っています。だからこそ、一度効果的な経営戦略について学んでみるのもいいのかもしれません。
    • 参考になった 2
    投稿日:2016年12月23日