脳卒中治療ガイドライン2015

4540円 (税別)

獲得ポイント 46pt (1%還元)

*日本脳卒中学会で策定中の『脳卒中治療ガイドライン2015』の<追補2017>項目が、日本脳卒中学会ホームページにおいて9月に無料で公開される予定です。公開後に、『脳卒中治療ガイドライン2015(追補2017対応)』【電子版】を販売します。10月以降を予定しています。『脳卒中治療ガイドライン2015』【電子版】をご購入された方は、『脳卒中治療ガイドライン2015(追補2017対応)』【電子版】を閲覧することはできませんので、別途ご購入ください。脳卒中により入院し治療を受けている患者は現在、がん患者の約1.5倍、心疾患患者の約3.5倍に達し、国民病と言っても過言ではない状況を迎えています。高齢社会の進行によってさらなる患者増が見込まれる中で、最新の適切な治療法を医療者や国民に示すことは社会的な責務です。 本書は、『脳卒中治療ガイドライン2009』を全面改訂したものです。「脳卒中一般」、「脳梗塞・TIA」、「脳出血」、「くも膜下出血」、「無症候性脳血管障害」、「その他の脳血管障害」、「リハビリテーション」の7領域に分けて構成し、合計136項目の推奨を収載しています。2万3,000件以上の文献から、本委員会の148名の研究者がエビデンスレベル分類に従って採択し、推奨グレードを評価しました。また、推奨文の表現により受ける印象が異ならないよう、同一グレードの推奨文は可能な限り同じ文言に統一しました。 脳卒中罹患によって不幸な転帰をとる患者さんが一人でも減るよう、脳卒中関連5学会の総力を挙げて作成した本ガイドラインを、ぜひご活用ください。

カゴに追加 4540 円(税別)

*日本脳卒中学会で策定中の『脳卒中治療ガイドライン2015』の<追補2017>項目が、日本脳卒中学会ホームページにおいて9月に無料で公開される予定です。公開後に、『脳卒中治療ガイドライン2015(追補2017対応)』【電子版】を販売します。10月以降を予定しています。『脳卒中治療ガイドライン2015』【電子版】をご購入された方は、『脳卒中治療ガイドライン2015(追補2017対応)』【電子版】を閲覧することはできませんので、別途ご購入ください。脳卒中により入院し治療を受けている患者は現在、がん患者の約1.5倍、心疾患患者の約3.5倍に達し、国民病と言っても過言ではない状況を迎えています。高齢社会の進行によってさらなる患者増が見込まれる中で、最新の適切な治療法を医療者や国民に示すことは社会的な責務です。 本書は、『脳卒中治療ガイドライン2009』を全面改訂したものです。「脳卒中一般」、「脳梗塞・TIA」、「脳出血」、「くも膜下出血」、「無症候性脳血管障害」、「その他の脳血管障害」、「リハビリテーション」の7領域に分けて構成し、合計136項目の推奨を収載しています。2万3,000件以上の文献から、本委員会の148名の研究者がエビデンスレベル分類に従って採択し、推奨グレードを評価しました。また、推奨文の表現により受ける印象が異ならないよう、同一グレードの推奨文は可能な限り同じ文言に統一しました。 脳卒中罹患によって不幸な転帰をとる患者さんが一人でも減るよう、脳卒中関連5学会の総力を挙げて作成した本ガイドラインを、ぜひご活用ください。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。