書籍の詳細

ヤマト「宅急便の父」が胸に秘めていた思い。2005年6月に亡くなったヤマト運輸元社長・小倉昌男。「宅急便」の生みの親であり、ビジネス界不朽のロングセラー『小倉昌男 経営学』の著者として知られる名経営者は、現役引退後、私財46億円を投じて「ヤマト福祉財団」を創設、障害者福祉に晩年を捧げた。しかし、なぜ多額の私財を投じたのか、その理由は何も語られていなかった。取材を進めると、小倉は現役時代から「ある問題」で葛藤を抱え、それが福祉事業に乗り出した背景にあったことがわかってきた――。著者は丹念な取材で、これまで全く描かれてこなかった伝説の経営者の人物像に迫った。驚きのラストまで、息をつかせない展開。第22回小学館ノンフィクション大賞で、賞の歴史上初めて選考委員全員が満点をつけた大賞受賞作。

総合評価
5.0 レビュー総数:1件
評価内訳
  • 0件
  • 0件
  • 0件
  • 0件

小倉昌男 祈りと経営~ヤマト「宅急便の父」が闘っていたもの~のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    感動で涙が止まりませんでした
    宅急便という日本に革命を起こした事業家であり、慈善事業にも革新を起こした名経営者が、これほどの苦悩を抱え、人間臭い面があったとは。自画自賛する売上高依存の、名経営者と呼ばれる人が増えた昨今、本物の経営者の抱える孤独と苦悩を真摯に伝える良書だと思います。また、経営者としての姿勢を正す意味でも、必読書だと思います。
    • 参考になった 0
    投稿日:2016年07月17日