著者:かかし朝浩 原作:馬場翁 キャラクター原案:輝竜司

KADOKAWA / 角川書店

ジャンル:少年マンガ

580円290円 (税別)

2018/07/23まで割引中

3ポイント獲得(1%)

eBookJapan発売日:2016年07月09日

  • 割引
  • セット割
  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る
  • 割引
  • セット割
  • 紙と同時
平均評価(5.0 レビューを見る

【割引版】蜘蛛ですが、なにか?1巻の内容

シリーズ書籍一覧 5冊を配信中

セット一覧 セット購入でポイントがお得!

【割引版】蜘蛛ですが、なにか?1巻の詳細

ユーザーのレビュー

一覧を見る

(5.0)

投稿日:2018年07月10日

転生したら蜘蛛になってる!?

女子高生が教室でいきなり激痛に見舞われて、気づいたら洞窟の中で蜘蛛になってました…というお話です。
意味不明。さらに蜘蛛。女子高生が虫の蜘蛛になっちゃったんです。
普通に考えたら「絶望」ですよね。でもこの作品の面白いところはこの蜘蛛(蜘蛛子ちゃん)が「超ポジティブ」なところなんです。
超逆境なのにもかかわらず「この世界で蜘蛛として生きてやる!」と激しく決意したり、
蜘蛛だろうがカエルだろうが不味くても生きるために食べまくったり。。。そんな前向きな姿勢が健気なんですよ。
蜘蛛だけど、読んでるといつの間にか可愛く感じてくるこの不思議、たまりません。
さらに、蜘蛛の糸でせっかく作ったマイホームを人間共に焼かれて追われてしまった際、
流石の蜘蛛子ちゃんも精神的にかなり凹んでしまうんですが、次のページではもう
「うウジウジするの終了~」とあっけらかんに心を切り替えられる精神的な強さ。
いやー、蜘蛛子ちゃん可愛いんですよ。マジで惚れそうです。蜘蛛だけど。
女子高生が転生したら蜘蛛になるっていう意味不明な設定ですが、驚くくらい面白い作品です。
結構タイトルで引かれてしまう作品かもしれませんが一度漫画を読んでほしいですね。
新しいエンターテインメントに出会えると思いますよ。
  • 参考になった 5

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。