子会社を清算し、所有する株式の帳簿価額と残余財産の分配額との差額を子会社株式消滅損として計上した[グループ法人税務の失敗事例]

50円 (税別)

獲得ポイント 通常1pt(1%還元) → 1pt(2%還元)

失敗は成功のもと! でも本当に失敗すると大変!?  そこで各界の専門家、しかも一流のプロフェッショナルが「よくある失敗事例」から正しい実務知識を解説。逆転のケーススタディで実務が身につく失敗から学ぶ実務講座シリーズ!業法のため、契約のため、資本関係で、マーケティングで、グループ会社の設立は大事な経営戦略の一つ。でもちょっと待って! グループ法人税務は万全ですか?平成22年度導入のグループ法人税制完全対応。実務のポイントに絞って理解できる必読の電子書籍。>>>>>A社は子会社を複数抱える不動産管理関連の株式会社です。A社の子会社で、貸金業を営むD社(当社及び当社のグループ法人の保有割合は70%)は、継続的に利益をあげておりましたが、事業環境の変化により、業績の好転が見込めない状況でした。会社財産の毀損が進まないうちに清算することとなり、当事業年度において解散の特別決議、債務の弁済等を経て、残余財産が確定し、その分配を受けました。当社はD社株式の帳簿価額と残余財産の分配額との差額を子会社株式消滅損として計上し、その他の処理については行っておりません。

カゴに追加 50 円(税別)

失敗は成功のもと! でも本当に失敗すると大変!?  そこで各界の専門家、しかも一流のプロフェッショナルが「よくある失敗事例」から正しい実務知識を解説。逆転のケーススタディで実務が身につく失敗から学ぶ実務講座シリーズ!業法のため、契約のため、資本関係で、マーケティングで、グループ会社の設立は大事な経営戦略の一つ。でもちょっと待って! グループ法人税務は万全ですか?平成22年度導入のグループ法人税制完全対応。実務のポイントに絞って理解できる必読の電子書籍。>>>>>A社は子会社を複数抱える不動産管理関連の株式会社です。A社の子会社で、貸金業を営むD社(当社及び当社のグループ法人の保有割合は70%)は、継続的に利益をあげておりましたが、事業環境の変化により、業績の好転が見込めない状況でした。会社財産の毀損が進まないうちに清算することとなり、当事業年度において解散の特別決議、債務の弁済等を経て、残余財産が確定し、その分配を受けました。当社はD社株式の帳簿価額と残余財産の分配額との差額を子会社株式消滅損として計上し、その他の処理については行っておりません。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細
  • 書籍名: 子会社を清算し、所有する株式の帳簿価額と残余財産の分配額との差額を子会社株式消滅損として計上した[グループ法人税務の失敗事例]
  • 著者名: 辻・本郷 税理士法人
  • eBookJapan発売日: 2016年07月02日
  • 出版社: 東峰書房
  • 電子書籍のタイプ: リフロー型
  • ファイルサイズ: 4.7MB
  • 関連ジャンル: 趣味・実用 ビジネス
  • 対応デバイス: WindowsMaciPhoneiPadAndroidブラウザ楽読み

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。