書籍の詳細

立花財閥の令嬢・結里花は、ある日から凌辱される夢を見始める。毎夜見る淫らな夢に不安な日々を送りつつも誕生日を迎え、親が決めた婚約者・俊尚と初対面するが、俊尚の手が淫らな夢の中でいつも結里花を助け出そうとしてくれる手だと気づき……!

総合評価
3.7 レビュー総数:3件
評価内訳

お嬢様は欲求不満!?-フィアンセと淫らな蜜夢の呪い-【書下ろし・イラスト10枚入り】のレビュー一覧

絞込み条件
  • レビュアー絞込み
表示形式
  • 表示件数
  • 表示順
  • 匿名希望
    夢と現実のギャップがいい!
    一つで二度おいしかったです。
    陵辱される夢を見るようになった主人公が、現実では許嫁との仲を段々と深めて純愛していく。夢の中で身体の喜びを覚えつつ、現実では清く正しい交際をしていく。純愛ものと陵辱もの、両方が違和感なく楽しめました。
    ラストの突拍子のなさには驚かされ少し残念でしたが、それでも十分面白かったです。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月22日
  • 匿名希望
    夢ってなあに?
    誕生日が近づいたある日をきっかけに、淫らな夢を見始めた立花財閥の令嬢・結里花。夢は自分の潜在意識ともいわれていたと思います。あまりに淫らすぎる夢だったので、結里花は自分が淫乱なのではないかとか、欲求不満ではないかと思って、自分自身がわからなくなるのはごもっともなことだと思いました。夢を題材にするのは、難しいですね。ラストはあっけなく終わったので、もう少し結末に工夫があればもっと面白くなったと思います。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月21日
  • 匿名希望
    ネタバレあり
    呑み込まれてしまいそうな夢と愛に狂おしい
     淫夢を扱った作品って結構少ないので、新鮮だなぁと思いました。それを中心に回す作品なんてものは男性向けばかりかと思えば、TLにもあったんですね。なんだか嬉しいです。
     しかし、淫夢というのはすごく使い勝手がよくて、ヒロインの欲をかき立てる技法としては秀でているんじゃないかなと私は思います。その分、ヒーローと交わる時になって処女ではない、淫売のような反応を見せてしまう……その羞恥がそそられますし、それをよしとして迫るヒーローにもドキッとしてしまったり。
     ロマンチックさの中に不思議な感覚が混ざった、まさに不思議な作品。でも、読んでいるうちに没入してしまう……本当に不思議。
    • 参考になった 1
    投稿日:2016年08月21日