お姉さんのもち胸

100円 (税別)

獲得ポイント 1pt (1%還元)

年の瀬、大学4年生の加藤進一は餅つきを手伝っていた。一回り年上の幼馴染み・七美にお願いされたからである。七美は老舗の和菓子屋『やまとや』の看板娘。一度は結婚したものの、相手の不倫であっけなく終わり、実家に戻っていた。彼女はキレイな丸顔で栗色の髪をポニーテールで結っている。プロポーションも素晴らしく、凶悪なほどの大きな胸が特に目を引く。進一にとって七美は物心ついた時から憧れの人だった。普段は毎年恒例で父親である店主が担当するところだったが、ぎっくり腰でできない状態に。そのため、進一に声がかかったのだ。だが、自堕落な生活が祟り、なかなか上手く餅をつけない。全身筋肉痛になってしまうが、七美は優しくマッサージをしてくれた。思わず股間を反応させてしまう進一。それに気づいた彼女は餅作りに大事な餅の柔らかさを教えようと、たわわなオッパイを股間に押しつけてきた。そう、まるでパイズリのように……。

年の瀬、大学4年生の加藤進一は餅つきを手伝っていた。一回り年上の幼馴染み・七美にお願いされたからである。七美は老舗の和菓子屋『やまとや』の看板娘。一度は結婚したものの、相手の不倫であっけなく終わり、実家に戻っていた。彼女はキレイな丸顔で栗色の髪をポニーテールで結っている。プロポーションも素晴らしく、凶悪なほどの大きな胸が特に目を引く。進一にとって七美は物心ついた時から憧れの人だった。普段は毎年恒例で父親である店主が担当するところだったが、ぎっくり腰でできない状態に。そのため、進一に声がかかったのだ。だが、自堕落な生活が祟り、なかなか上手く餅をつけない。全身筋肉痛になってしまうが、七美は優しくマッサージをしてくれた。思わず股間を反応させてしまう進一。それに気づいた彼女は餅作りに大事な餅の柔らかさを教えようと、たわわなオッパイを股間に押しつけてきた。そう、まるでパイズリのように……。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧1冊の書籍

オススメ特集

一覧を見る

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。