こだわりのCT画像処理 カテーテル治療を目的とした冠動脈慢性完全閉塞病変に対する冠動脈CTA撮影と画像処理技術

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに カテーテルによる冠動脈治療(percutaneouscoronaryintervention:PCI)は、Dr.AndreasR.Gruzigが1977年に初めて冠動脈をバルーンで拡張したことから始まる。その後、現在に至るまでSTENTに代表されるさまざまな治療デバイスや血管内イメージングデバイスが登場し、治療成績は飛躍的に向上した。しかしながら、慢性完全閉塞病変(chronictotalocclusion:CTO)や分岐部病変に対するPCIは長期成績も含めて未だに難易度の高い領域となっている。近年、冠動脈CTAが普及し、狭窄病変の診断のみならず、CTO等に対するPCIをサポートする画像としても利用されている。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】はじめに カテーテルによる冠動脈治療(percutaneouscoronaryintervention:PCI)は、Dr.AndreasR.Gruzigが1977年に初めて冠動脈をバルーンで拡張したことから始まる。その後、現在に至るまでSTENTに代表されるさまざまな治療デバイスや血管内イメージングデバイスが登場し、治療成績は飛躍的に向上した。しかしながら、慢性完全閉塞病変(chronictotalocclusion:CTO)や分岐部病変に対するPCIは長期成績も含めて未だに難易度の高い領域となっている。近年、冠動脈CTAが普及し、狭窄病変の診断のみならず、CTO等に対するPCIをサポートする画像としても利用されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧15冊の書籍

1~15件/15件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。