第12回日本肝がん分子標的治療研究会 優秀演題論文集 分子標的薬を用いた全身化学療法におけるAFP-L3分画の意義

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】背景 進行肝癌の生命予後は不良であるが、分子標的薬の登場により治療の選択肢が広がった。特にソラフェニブ(ネクサバール(R))は進行肝癌の生存期間を有意に延長した治療薬であり、さまざまな因子が予後予測因子として報告されている。

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】背景 進行肝癌の生命予後は不良であるが、分子標的薬の登場により治療の選択肢が広がった。特にソラフェニブ(ネクサバール(R))は進行肝癌の生存期間を有意に延長した治療薬であり、さまざまな因子が予後予測因子として報告されている。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧16冊の書籍

1~16件/16件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。