【喘息急性増悪の病態と治療Up-To-Date】 ストレスによる喘息増悪の病態 Role of psychological stress in the exacerbation of allergic asthma

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】精神的ストレスは、気管支喘息(以下、喘息)の増悪における主要な危険因子の1つである。特に精神的ストレスの受容によるTh2型免疫応答の亢進は、喘息の病態悪化に深く関与している。われわれは、アレルギー性喘息マウスモデルを用いたこれまでの研究により、精神的ストレス負荷による中枢性オピオイドの放出と、それに引き続く視床下部-脳下垂体-副腎皮質(HPA)系を介したグルココルチコイド産生、ならびに好酸球性気道炎症の悪化へつながる経路の存在を明らかにしてきた。そのような気道炎症の悪化は、μオピオイド受容体欠損マウス、またはグルココルチコイド受容体シグナル伝達を遮断したマウスにおいて完全に消失したことからも、脳、神経-内分泌、および免疫応答の密接な連携による精神的ストレス応答の機序は、喘息の増悪に至る重要なメカニズムの1つであると考えられる。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】精神的ストレスは、気管支喘息(以下、喘息)の増悪における主要な危険因子の1つである。特に精神的ストレスの受容によるTh2型免疫応答の亢進は、喘息の病態悪化に深く関与している。われわれは、アレルギー性喘息マウスモデルを用いたこれまでの研究により、精神的ストレス負荷による中枢性オピオイドの放出と、それに引き続く視床下部-脳下垂体-副腎皮質(HPA)系を介したグルココルチコイド産生、ならびに好酸球性気道炎症の悪化へつながる経路の存在を明らかにしてきた。そのような気道炎症の悪化は、μオピオイド受容体欠損マウス、またはグルココルチコイド受容体シグナル伝達を遮断したマウスにおいて完全に消失したことからも、脳、神経-内分泌、および免疫応答の密接な連携による精神的ストレス応答の機序は、喘息の増悪に至る重要なメカニズムの1つであると考えられる。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧18冊の書籍

1~18件/18件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。