【改訂・刷新された過活動膀胱診療ガイドライン】 薬物療法の適応と効果

500円 (税別)

獲得ポイント 5pt (1%還元)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】過活動膀胱(OAB)治療の根幹をなすものは薬物療法である。多くの治療薬剤のなかで、有用性や安全性について最も検討がなされているのは抗コリン薬であり、β3アドレナリン受容体作動薬も処方可能である。最近抗コリン薬の貼付剤も使用可能となった。女性のOABの第一選択薬は抗コリン薬あるいはβ3作動薬である。抗コリン薬、β3作動薬ともに新規診療ガイドラインでは推奨グレードAと評価されている。前立腺肥大症のない男性患者においても抗コリン薬あるいはβ3作動薬の単独療法は比較的安全に使用できるが、排尿症状の悪化や残尿の増加には注意が必要である。高齢者においても、これらの薬剤の有効性と安全性は確認されているが、抗コリン薬の投与は認知機能悪化の例も報告されていることから注意が必要である。

無料立ち読み(2ページ)

カゴに追加 500 円(税別)

【この商品は紙の出版物を、記事単位・論文単位に分割して、電子書籍として配信しています。】過活動膀胱(OAB)治療の根幹をなすものは薬物療法である。多くの治療薬剤のなかで、有用性や安全性について最も検討がなされているのは抗コリン薬であり、β3アドレナリン受容体作動薬も処方可能である。最近抗コリン薬の貼付剤も使用可能となった。女性のOABの第一選択薬は抗コリン薬あるいはβ3作動薬である。抗コリン薬、β3作動薬ともに新規診療ガイドラインでは推奨グレードAと評価されている。前立腺肥大症のない男性患者においても抗コリン薬あるいはβ3作動薬の単独療法は比較的安全に使用できるが、排尿症状の悪化や残尿の増加には注意が必要である。高齢者においても、これらの薬剤の有効性と安全性は確認されているが、抗コリン薬の投与は認知機能悪化の例も報告されていることから注意が必要である。

レビューはありません レビューを書く
書籍の詳細

書籍一覧14冊の書籍

1~14件/14件 を表示

  • 1
  • 1

オススメ特集

一覧を見る

ここもチェック!

コンテンツについて

  • この商品は紙書籍ではありません。すぐにご覧いただける電子書籍です。
  • デジタルコンテンツのため、商品の性質上、返品できません。
  • 紙書籍とは内容が異なる場合がございます。また、サイトに表示されているサムネイルと電子書籍の表紙画像が異なる場合がございます。予めご了承下さい。
  • 対応デバイスに記載されていない端末は、購入できても読書はできません。ご注意下さい。
  • Mac OS X 10.5/10.6をご利用で最新版のebi.BookReaderがご利用できないお客様は、サイトの表記でMacが利用可能端末となっていてもリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。
  • Android OS 5.0以上でebiReaderをご利用のお客様は、サイトの表記でAndroidが利用可能端末となっていても一部のリフロー書籍が読書できません。ご了承下さい。